巨頭 オ twitter。 2chの怖い話「巨頭オ」!鹿児島県で遂に看板が発見される?

巨頭オ

巨頭 オ twitter

両手と足をピッタリとくっるけてデカイ頭を左右に振りながら。 旧社名にある「蔵王権現(金剛蔵王権現)」とは修験道における本尊であり、かつてこの山が修験道の道場であったことを今に伝えるお社です。 鹿児島といえば、幕末に関する印象がつよく、西郷さんや人斬り半次郎(中村半次郎、後の桐野利秋)など様々な傑物たちが注目されがちです。 この書き込みをした投稿者は、普段から都市伝説や怖い話の投稿をしていた記録が残っており、普段から創作話を投稿していた人物なのではないかと言われています。 代わりにあったのが「巨頭オ」と書かれた、謎の看板。 だけでは「巨頭オの村は鹿児島県にはない」「巨頭オも存在しない」とは言い切れない気もするのです。 【注意】 ・本稿は記事にはあるまじき文量があります。

次の

「巨頭オ」は実在するのか?鹿児島での発見情報と真相【都市伝説】

巨頭 オ twitter

金峰山にあった看板によると由来は「推古2年(594年)に大和吉野(現、奈良県)の金剛蔵王の分霊を招き10月19日この山に移したという」(金峰山由来記)とのこと。 正直「関係ないだろうなぁ」という気持ちの方が強かったのですが、伝説などは広範囲に拡がり、伝わる内容が少しずつ異なっていることがあります。 そもそも都市伝説として有名な「巨頭オ」は創作話なのではないかと言う説も出てきています。 アンビリバボー』では杉沢村の場所を検証しましたが、明らかにはなりませんでした。 読むのに少し時間がかかるので、時間がない方はブックマークをして暇なときにゆっくりお読みください。

次の

巨頭オってなに?場所や看板についての考察まとめ

巨頭 オ twitter

それにもともと、オカルト話は好きな方。 一方犬鳴村があるとされる場所は柳ヶ浦、コイゲという地名なのですがかつてその地には6世帯が小さな集落を形成していたと言われています。 温泉の町指宿らしく、足湯まで設置された菜の花マラソンの賑わいを尻目に、一人目指すは「巨頭オの看板」。 クロ宗のクロは「十字架 クロス 」から取られました。 とにかく、キャーキャー、興味本位でイタズラに訪れる場所ではないですね。 とはいえ、重ねて書きますがあくまで一説。 樹海村と同じく地図にない村として「八坂 はっさか 」というものもありますが、こちらも三ツ沢集落と混同してしまっているだけで、八坂のある場所に三ツ沢集落が存在しています。

次の

「巨頭オ」の看板がみつかった?噂の現場に行ってみた<後編>

巨頭 オ twitter

よってこの物語も「創作の可能性が高い」と考えられています。 しかも気持ち悪い動きでこちらに近づいてくる。 また、この投稿者が投稿する都市伝説や怖い話にはある特徴があることが分っています。 なお、先に書いておきますが、詳細な場所については記しません。 地図片手に探してみるのも面白いかもしれません。 現代を生きるオカルト伝説「巨頭オ」探しなのです。 筆者は幸い運動しやすいシューズを履いていたので何とか登りきれましたが、散歩気分で行くと痛い目を見ること間違いなし。

次の

巨頭オ

巨頭 オ twitter

chagasi. ついでに……と、スタート前に少し会場を覗いてみると、ご当地ならではのお店が沢山ならび、多くの人で賑わっていました。 そこには由緒のほか「稚児の宮」という祠の伝説が書かれていました。 これも「誰かのイタズラ」が濃厚だと考えられていました。 こんにちは。 うーん。

次の

「巨頭オ」は実在するのか?鹿児島での発見情報と真相【都市伝説】

巨頭 オ twitter

連休に一人で車を走らせた。 記憶力には自信があるほうなので、道は覚えている。 村に近付くと、場所を示す看板があるはずなのだが、 その看板を見つけたときあれっと思った。 しかしあるはずなのに、地図にないという事実が好奇心をかきたてるのは確かです。 この水は、子の死を悲しむ母の涙と言われている。 こんにちは。 看板があった場所といわれる南さつま市を含む南薩エリアでは、ところどころ菜の花が咲いていました。

次の

「巨頭オ」の看板がみつかった?噂の現場に行ってみた<後編> | ガジェット通信 GetNews

巨頭 オ twitter

よってこの物語も「創作の可能性が高い」と考えられています。 筆者は先述したとおり、元がオカルト好き。 それが全くということは、この地に「巨頭オ」に関わる言い伝えやその他がもともと無い、としか考えられません。 説明するとこういうお話。 。 ちなみに、訪れた当時はで話題になってまだ数か月ということもあり、先に誰か訪れた跡がありました。 そのうちの一つが今回調査対象となった「巨頭オ」。

次の