ホンダ フィット 新型 試乗 大胆 シンプル 重厚 心地よ さ 以上 の 驚き が あっ た 中村 孝仁。 ホンダ フィット 新型試乗!「大胆・シンプル・重厚」心地よさ以上の驚きがあった…中村孝仁

ホンダ フィット 新型試乗 「大胆・シンプル・重厚」心地よさ以上の驚きがあった…中村孝仁

ホンダ フィット 新型 試乗 大胆 シンプル 重厚 心地よ さ 以上 の 驚き が あっ た 中村 孝仁

新グレード「FIT NESS」はダジャレ?…東京モーターショー2019[詳細画像] 画像 これが本命?「HOME」はナチュラル&リラックス…東京モーターショー2019[詳細画像] ホンダは東京モーターショー2019で、4代目となる新型ホンダ『フィット』を発表。 同時にパッドの硬度も下げたそうだ。 しかも走りに関してはグレードを問わず同じであるから、どれだけ装備を盛り込むかで値段が決まる。 とはいえ新型『フィット』のインテリアはとてもすっきりしているうえに暖かい印象。 上屋の軽量化はバランスに優れ、足の強化は言うまでもなく運動性能向上に繋がる。 走り自体は俗に言うシリーズハイブリッドに近く、通常はガソリンエンジンで発電してモーターで駆動するシステムを取り、大出力を必要とする場合にガソリンエンジンも顔を出す。 そういやステリングも一般的な3本スポークではなく2本スポークだった。

次の

ホンダ フィット 新型試乗!「大胆・シンプル・重厚」心地よさ以上の驚きがあった…中村孝仁

ホンダ フィット 新型 試乗 大胆 シンプル 重厚 心地よ さ 以上 の 驚き が あっ た 中村 孝仁

つながる技術では専用通信モジュールのホンダコネクトを、国内向けホンダ車としては初搭載し、安心と快適さをパッケージにした「ホンダ トータルケア プレミアム」を始める。 最後に男性目線ではとても良くできたクルマだと思ったのだが、うちの女性陣からは、お顔がね…という意見。 おかげでインパネ上面はフラット。 メータークラスターの存在感はフィットよりずっと強い。 次にこれは特別驚きはしなかったのだが、上質感が漲っている。

次の

【ホンダ フィット 新型試乗】「大胆・シンプル・重厚」心地よさ以上の驚きがあった…中村孝仁

ホンダ フィット 新型 試乗 大胆 シンプル 重厚 心地よ さ 以上 の 驚き が あっ た 中村 孝仁

特にエコ運転したわけでもないから、これだけ走れば十分だ。 そんなわけだから普段は至って静かで、多くの場合エンジンの気配を感じさせない。 包まれ感は乗員とクルマの一体感を誘うスポーティ表現でもあり、安心・安全を感じさせる要素でもある。 例えば、「心地よい視界」のためには、フロントピラーの断面径を旧モデル比で半分程度に細くするなどの技術開発を行った。 そんなわけだから普段は至って静かで、多くの場合エンジンの気配を感じさせない。 しかも走りに関してはグレードを問わず同じであるから、どれだけ装備を盛り込むかで値段が決まる。

次の

ホンダ フィット 新型試乗!「大胆・シンプル・重厚」心地よさ以上の驚きがあった…中村孝仁

ホンダ フィット 新型 試乗 大胆 シンプル 重厚 心地よ さ 以上 の 驚き が あっ た 中村 孝仁

『N-BOX』や『N-WGN』も含めて、日常使いが大事な車種では余計な操作なくスッと置けるオープンなカップホルダーにするのがホンダの方針。 顧客のライフスタイルによって5タイプから選べるようにしたほか、進化した安全運転支援システム「ホンダセンシング」や専用車載通信モジュールの「ホンダコネクト」を初搭載している。 これが本命?「HOME」はナチュラル&リラックス…東京モーターショー2019[詳細画像] 画像• 因みにシートフレームも全く新しいと言い、このあたりにも冒頭に記した心地良さの演出が出ている。 1954年生まれ。 1977年にジャーナリズム業界に入り、以来42年間、フリージャーナリストとして活動を続けている。

次の

ホンダ フィット 新型試乗!「大胆・シンプル・重厚」心地よさ以上の驚きがあった…中村孝仁

ホンダ フィット 新型 試乗 大胆 シンプル 重厚 心地よ さ 以上 の 驚き が あっ た 中村 孝仁

だから、車重も手伝ってか少し上下動が大きく、その吸収力も少ない。 プッシュオープン式のカップホルダーであれば、表皮張りを端末まで延ばすことができたが、それもしなかった。 同時にパッドの硬度も下げたそうだ。 「千葉匠」はペンネームで、本名は有元正存(ありもと・まさつぐ)。 ただ、それでどっしりとした重厚な乗り心地を作り出している点は合点がいかない。 ホンダセンシングは車両前後に8個のソナーを配置するとともに前方には単眼のフロントワイドビューカメラを初採用した。

次の

【ホンダ フィット 新型試乗】軽快・カラフル・颯爽な「NESS」…中村孝仁

ホンダ フィット 新型 試乗 大胆 シンプル 重厚 心地よ さ 以上 の 驚き が あっ た 中村 孝仁

そしてシートと同色のソフトパッドがダッシュボードを覆う。 敢えて、カップホルダーをダッシュ上に構築したのもシンプルさの表れか。 累計268万台を販売、ホンダ車最多の183万台の総保有台数(=ホンダ車の2割)を誇る『フィット』が4世代目に進化することとなった。 最上級の「LUXE(リュクス)」という今回試乗したモデルでは、本革シートが標準装備。 どうやら色気に欠けるらしい。 次にこれは特別驚きはしなかったのだが、上質感が漲っている。 初めてクルマに乗りこんでそのドライバーズシートからの眺望に、思わずこれ、自動車?と思ったものである。

次の

【ホンダ フィット 新型】しっかりとした走りに親しみやすさをプラス 発売前まとめ…スペックや発売日、グレード

ホンダ フィット 新型 試乗 大胆 シンプル 重厚 心地よ さ 以上 の 驚き が あっ た 中村 孝仁

もちろんベーシックモデルのHOMEというグレードなら、227万4800円だし、これがガソリン車なら189万0020円(いずれも税込値段)だから、ほとんど軽自動車並み。 初めてクルマに乗りこんでそのドライバーズシートからの眺望に、思わずこれ、自動車?と思ったものである。 。 月間販売計画は1万台としている。 ただそうは言っても上屋はハイテン材の使用範囲を広げて軽量化を進め、一方でサスペンションやダンパーの取り付け部は補強材を追加するなどして剛性を向上させている。

次の