労働 者 派遣 事業 の 適正 な 運営 の 確保 及び 派遣 労働 者 の 保護 等 に関する 法律。 新型コロナウイルス感染症に係る派遣労働者の雇用維持等に対するご配慮について

労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の就業条件の整備等に関する法律等の一部を改正する法律の施行に伴う厚生労働省関係省令の整備等に関する省令 平成24年8月10日厚生労働省令第114号

労働 者 派遣 事業 の 適正 な 運営 の 確保 及び 派遣 労働 者 の 保護 等 に関する 法律

時間外・休日労働 労使協定の締結• 」と、「同条第一項各号」とある のは「第二十五条の二第一項各号」と、中「健康管理その他の厚生労働省令で定め る事項 以下」とあるのは「健康管理その他の厚生労働省令で定める事項 派遣中の労働者に関しては、 当該事項のうち厚生労働省令で定めるものを除く。 の派遣就業に関する労働基準法施行規則 昭和二十二年厚生省令第二十三号 の規定の適用については、同令第十九条中「法第三十三条若しくは法第三十六条第一項の規定」とあるのは「労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律 以下「労働者派遣法」という。 以下この条において同じ。 機械・設備設計• 並びに労働者派遣法 、及びの規定に限る。 第二十八条 労働者派遣をする事業主は、当該労働者派遣の役務の提供を受ける者が、当該派遣就業に関 し、この法律又は第四節の規定により適用される法律の規定 これらの規定に基づく命令の規定を含む。 取引文書作成• ただし、第二号、第四号若しくは第五号に掲げる事 項であつて当該協定で定めたものを遵守していない場合又は第三号に関する当該協定の定めによる公正 な評価に取り組んでいない場合は、この限りでない。

次の

新型コロナウイルス感染症に係る派遣労働者の雇用維持等に対するご配慮について

労働 者 派遣 事業 の 適正 な 運営 の 確保 及び 派遣 労働 者 の 保護 等 に関する 法律

目的は、労働力の需給の適正な調整を図るため、の適正な運営の確保に関する措置を講ずるとともに、派遣労働者の保護等を図ることで、派遣労働者のの安定、の増進に資することにある(1条参照)。 )第二十三条の二に規定する派遣就業にあつては、労働者派遣法第四十四条第三項に規定する派遣元の事業の事業場)」と、同法第三十八条の三第一項中「就かせたとき」とあるのは「就かせたとき(派遣先の使用者(労働者派遣法第四十四条第一項又は第二項の規定により同条第一項に規定する派遣先の事業の第十条に規定する使用者とみなされる者をいう。 3 労働者派遣をする事業主の事業(以下この節において「派遣元の事業」という。 )第四十四条第三項に規定する派遣元の事業(以下単に「派遣元の事業」という。 の当事者は、厚生労働省令で定めるところにより、当該労働者派遣契約の締結に際し、次 に掲げる事項を定めるとともに、その内容の差異に応じて派遣労働者の人数を定めなければならない。 以下この条において同じ。 以下同じ。

次の

令和2年度の「労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律第30条の4第1項第2号イに定める「同種の業務に従事する一般の労働者の平均的な賃金の額」等について

労働 者 派遣 事業 の 適正 な 運営 の 確保 及び 派遣 労働 者 の 保護 等 に関する 法律

この場合において、中「当該事業 場に」とあるのは「労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律 以下 「労働者派遣法」という。 また最新の法令改正を反映していない場合があります。 以下この項において同じ。 )、第66条の3(同法第66条第2項前段及び後段、第3項、第4項並びに第5項の規定に係る部分に限る。 又は第五項ただし書 第六十六条第二項前段及び後段、第三項並びに第四項の規定に係る部分に限る。 」と、中「第二十一条第四項」とあるのは「第二十一条第四項 労働者派遣法第四十六条第四項の規定により適用される場合を含む。 並びに 同法前段及び後段、並びにの規定に係る部分に限る。

次の

労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律(労働者派遣法) 第1章|安全衛生情報センター

労働 者 派遣 事業 の 適正 な 運営 の 確保 及び 派遣 労働 者 の 保護 等 に関する 法律

じん肺法の適用に関する特例等 第四十六条 労働者がその事業における派遣就業のために派遣されている派遣先の事業で、第三号に規定する粉じん作業 以下この条において単に「粉じん 作業」という。 四 紹介予定派遣 労働者派遣のうち、第五条第一項の許可を受けた者 以下「派遣元事業主」という。 )」として、これらの規定を適用する。 )に関しては、第二号の業務(第五十九条第三項に規定する安全又は衛生のための特別の教育に係るものを除く。 第1章 総則• 」 と、中「第十五条第一項又は第三項」とあるのは「労働者派遣法第四十五条第三項 の規定により適用される第十五条第一項又は第三項」と、及びにおいて準用す る中「事業者」とあるのは「派遣先の事業者」と、中「第十七 条及び前条」とあるのは「労働者派遣法第四十五条の規定により適用される第十七条及び前条」と、同 条第二項及び第三項並びに同条第四項において準用する項及び中「労働者」と あるのは「労働者 労働者派遣法第四十四条第一項に規定する派遣中の労働者を含む。 )」とする。 につ いて、職業安定法その他の法律の規定による許可を受けて、又は届出をして、職業紹介を行い、又は 行うことを予定してするものをいい、当該職業紹介により、当該派遣労働者が当該派遣先に雇用され る旨が、当該労働者派遣の役務の提供の終了前に当該派遣労働者と当該派遣先との間で約されるもの を含むものとする。

次の

労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律 | 労働法ナビ

労働 者 派遣 事業 の 適正 な 運営 の 確保 及び 派遣 労働 者 の 保護 等 に関する 法律

この場合において、中「、離職」とあるのは「、離職 労働者派遣事 業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律 以下「労働者派遣法」という。 以下この条において同じ。 」とあるのは「この法律 若しくは労働安全衛生法若しくはこれらに基づく命令の規定 労働者派遣法第四十五条又は第四十七条 の規定により適用される場合を含む。 及び労働者派遣法第四十五条の規 定」として、これらの規定 これらの規定に係る罰則の規定を含む。 ただし、法第二条第四号に規定する派遣元事業主 以下単に「派遣元事業主」という。

次の

・労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律施行規則(◆昭和61年04月17日労働省令第20号)

労働 者 派遣 事業 の 適正 な 運営 の 確保 及び 派遣 労働 者 の 保護 等 に関する 法律

労働者派遣事業を行なってはならない業務 港湾運送、建設、警備• )」とあるのは「(第二章の規定を除く。 第四十四条 労働基準法第九条に規定する事業(以下この節において単に「事業」という。 13 派遣元の事業を行う者が事業者に該当する場合であつてその者が派遣中の労働者に対してじん肺健康診断を行つたときにおけるじん肺法第十条の規定の適用については、同条中「事業者は、」とあるのは「労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律(以下「労働者派遣法」という。 裁判所職員臨時措置法 (昭和二十六年法律第二百九十九号)において準用する場合を含む。 により、派遣元事業主に対して明示する旨 法第三十条第一項の厚生労働省令で定める者等 第二十五条 法第三十条第一項の派遣先の事業所その他派遣就業の場所における同一の組織単位 法第二十六条第一項第二号に規定する組織単位をいう。 、第二号及び中「この法律又はこれに基づく命 令の規定」とあるのは「この法律若しくはこれに基づく命令の規定 労働者派遣法第四十五条の規定に より適用される場合を含む。 四 当該派遣労働者の安全及び衛生に関し、当該事業所の労働者の安全及び衛生に関する業務を統括管理する者及び当該派遣元事業主との連絡調整を行うこと。

次の