契り 酒 香西 かおり 歌詞。 Shinのうた日記 │ 演歌男子Shin(しん)の演歌・歌謡曲チャンネル公式ホームページ(ブログ)

香西かおりの歌詞一覧リスト

契り 酒 香西 かおり 歌詞

浮き草のようにふと彼女の家に立ち寄る彼。 感情を込めて歌う為には情景をしっかり思い浮かべたい! ということで今回も誇大な妄想になっております!笑 どうかご了承の上、お付き合いください。 それも酔った時だけだった。 そして、二人は結ばれない未来ということ。 泣けば明日 あした が 欲しくなる 泣かなきゃ あなたは通い人 2番の歌詞より 泣かなきゃ…という歌詞。

次の

Shinのうた日記 │ 演歌男子Shin(しん)の演歌・歌謡曲チャンネル公式ホームページ(ブログ)

契り 酒 香西 かおり 歌詞

女性ひとりでお酒を飲みながら、彼との絆を想い、浸っている姿を想像しました。 いろいろと人生を悟って流れに任せて生きて行く女性の姿を想い浮かべました。 調べてみましたが、そういう言葉はなく造語のようですね。 こんな契りがあってもいいじゃない。 彼が4度目に来店した時だった。

次の

香西かおりの新曲「契り酒/思い出の一両列車」 2020年3月18日発売

契り 酒 香西 かおり 歌詞

これからもこの人生を生きて行くわ…. 男性にとって帰る場所は主人公の女性の場所ではないのですね。 まさに、令和の時代に歌い継がれる本格的演歌作品の誕生です。 インパクトがあるのは「あなたは死んだ人」というところ。 それが今では……。 香西かおり48枚目のシングルは演歌の王道を行く作品に仕上がっています。

次の

香西かおりの新曲「契り酒/思い出の一両列車」 2020年3月18日発売

契り 酒 香西 かおり 歌詞

叶わぬ恋に泣いた夜もある。 思い出の一両列車 3. 女性が泣いてすがれば、男性が通って来てくれるということでしょうか。 彼女のひとめ惚れだった。 彼には家庭がある。 今まで話したことがなく、挨拶程度だったが、その日は思い切って声をかけてみた。 ひとりお酒を注ぎながら、彼の空いたグラスの淵にコツンと鳴らす。

次の

香西かおり 契り酒

契り 酒 香西 かおり 歌詞

スーツを着た彼はとても凛々しく逞しく感じた。 どこか突き放したような表現だと思います。 それでも、お酒を飲んで隣で眠る彼の横顔を見ているだけで私は幸せ。 男性は"浮き草"のように放浪癖のある人。 そんな言葉から、女性は報われない恋でも、この状況に満足していることがわかりますね。

次の

香西かおりの新曲「契り酒/思い出の一両列車」 2020年3月18日発売

契り 酒 香西 かおり 歌詞

香西かおりだけが持つ唄の魅力がいっぱい詰まった、演歌ファンのみならず、音楽好きの方へ贈る待望の新曲です。 なのに「生きて行きましょ」という言葉。 。 いつか別れがくるその日まで、どうかこのままで…。 浮き雲のような彼に寄り添う"浮き妻"で私はいい。

次の

香西かおりの新曲「契り酒/思い出の一両列車」 2020年3月18日発売

契り 酒 香西 かおり 歌詞

逢 あえば 情 なさけが 深 ふかくなる 逢 あわなきゃ あなたは 死 しんだ 人 ひと 浮 うき 草 ぐさで 浮 うき 草 ぐさで いいじゃない 花 はなの 咲 さかない 運命 さだめでも 生 いきて 生 いきて 行 ゆきましょ ねぇ 契 ちぎり 酒 ざけ 泣 なけば 明日 あしたが 欲 ほしくなる 泣 なかなきゃ あなたは 通 かよい 人 びと 浮 うき 雲 ぐもで 浮 うき 雲 ぐもで いいじゃない いつか 別 わかれる 運命 さだめでも 生 いきて 生 いきて 行 ゆきましょ ねぇ 契 ちぎり 酒 ざけ 口紅 べにを 差 さしたら ときめいて 差 ささなきゃ あなたは 忘 わすれ 人 びと 浮 うき 妻 づまで 浮 うき 妻 づまで いいじゃない ふたり 暮 くらせぬ 運命 さだめでも 生 いきて 生 いきて 行 ゆきましょ ねぇ 契 ちぎり 酒 ざけ 逢 a えば eba 情 nasa けが kega 深 fuka くなる kunaru 逢 a わなきゃ wanakya あなたは anataha 死 shi んだ nda 人 hito 浮 u き ki 草 gusa で de 浮 u き ki 草 gusa で de いいじゃない iijanai 花 hana の no 咲 sa かない kanai 運命 sadame でも demo 生 i きて kite 生 i きて kite 行 yu きましょ kimasyo ねぇ nee 契 chigi り ri 酒 zake 泣 na けば keba 明日 ashita が ga 欲 ho しくなる shikunaru 泣 na かなきゃ kanakya あなたは anataha 通 kayo い i 人 bito 浮 u き ki 雲 gumo で de 浮 u き ki 雲 gumo で de いいじゃない iijanai いつか itsuka 別 waka れる reru 運命 sadame でも demo 生 i きて kite 生 i きて kite 行 yu きましょ kimasyo ねぇ nee 契 chigi り ri 酒 zake 口紅 beni を wo 差 sa したら shitara ときめいて tokimeite 差 sa さなきゃ sanakya あなたは anataha 忘 wasu れ re 人 bito 浮 u き ki 妻 duma で de 浮 u き ki 妻 duma で de いいじゃない iijanai ふたり futari 暮 ku らせぬ rasenu 運命 sadame でも demo 生 i きて kite 生 i きて kite 行 yu きましょ kimasyo ねぇ nee 契 chigi り ri 酒 zake. 彼の務める商社の会合で料亭を使ってくれたことがきっかけだった。 恐らくですが、"浮き草"や"浮き雲"に対して寄り添う主人公のことを表現したんだと思います。 a e ba nasa ke ga huka ku naru a wa nakya anata ha si n da hito u ki kusa de u ki kusa de ii zya nai bana no sa ka nai unmei demo i ki te i ki te i ki masyo nexe tigi ri sake na ke ba asita ga ho siku naru na ka nakya anata ha kayo i zin u ki gumo de u ki gumo de ii zya nai ituka waka reru unmei demo i ki te i ki te i ki masyo nexe tigi ri sake guti beni wo sa si tara tokimei te sa sa nakya anata ha wasu re zin u ki tuma de u ki tuma de ii zya nai hutari ku ra se nu unmei demo i ki te i ki te i ki masyo nexe tigi ri sake. 契り酒 2. 彼は彼女の家に通ってくれた。 契り酒 オリジナル・カラオケ 4. 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し こんな夕暮れはいつも思い出す 夢のひとつとあなたがいれば 雨潸々とこの身に落ちて この世に神様が本当にいるなら メラメラと吐息乱れて絡み合う 顔をあげれば東の空に それはある日あなたの横顔に アカシアの雨にうたれて 蝶よナーヨー花よとヨー カモメ~もうすぐ帰る夜が明ける ララバイひとりで眠れない夜は Tonight 夜があなたを 出会う事も恋におちる事も 姉こもさヤーエほこらばほこれ 最終間に合う様に今夜は おちょこにお酒つぐたびに つらい恋でも愛しくて あなた遠くへ行きそうで 黄昏色に染めあげて 外は雨です居酒屋「敦賀」 海猫が鳴くからニシンが来ると 糸車からり天に回る人の情け 愛し恋し薄明かり目を覚ます 祖谷のかずら橋や蜘蛛の巣の 郷土芸術伊予万歳よ 湯ぶねにからだを沈めても 好きになるのは悲しいことと 遣り水さらさら蛍が飛び交う 私が小さな嘘をつくのは 洗い髪肩すくめて腕でかくす 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し サアードッコイショ 哀しい恋の歳月を知ってる 北の街ではもう悲しみを暖炉で 飾り窓の人形のよう悲しそうな おまえお立ちかお名残りおしい 元気でねちゃんと食べてねと あなたが愛したのはわたしじゃ 帰りますふるさとへ おんな一人で旅する背中 どこへ流れるこの人と 想い出に降る雨もある ウチがあんたにして 右へ曲がれという道を 波は寄せても返しはしない 泣かないでひとりで 愛する人に愛の灯を ここの山の刈干しゃすんだよ 目覚めてまた思う私は生きている 人は生まれる時ぎゅっと 一人国出て北千島海山遠く 胸の小さな花びらは 谷のせせらぎ静かに聞いて ゆううつな毎日をどうしよう 生れて来た時僕らは$ 春は午後ほのかに薫山里の坂路 死ぬも生きるもあなたとふたり 禁じられても逢いたいの 忘れていた夢を見たのよ いまでは指輪もまわるほど 捨てずじまいの古い口紅 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し 黒百合は恋の花愛する人に 愛しあってもどうにもならぬ あの日の私を探しに 帰そうか帰すまい あなたと逢ったその日から 凍える指の先にああ痛みが走る 凍える指の先にああ痛みが走る なぜなぜあなたは よせよと言われりゃなお燃える あなたのおそばで暮らしの 泣きはしないと空を見上げれば いくら好きでも運命の川に 小雨に濡れてる盛り場は お前ひとりを愛していたい つのる想いが今日も日暮れて 淡紅の秋桜が秋の日の お月さんでさえ夜遊びなさる 忘れないで忘れないで時は流れ 昨日の夢は月のように 北の最はて船追いかけて 何もかも僕はなくしたの 人の世にうまれて生きて いくら好きでも渡れない おんなは翳ある横顔みせて ぽつり灯った路地あかり傘を 哭いているような長崎の街 夢を燃やした焚火のあとは 沖へゆくのは佐吉の舟よ 真綿色したシクラメンほど 春にそむいてしぐれ川 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し 舞が終われば出てゆくあなた 北海に笹舟うかべ俺の漁船を 泣いてすがったこの手をほどき 鵜戸山参りは春三月よ参る 盆もそろそろ十日を過ぎて 夏が過ぎ風あざみ 今夜もまた泣いているの あなたの優しさに甘えている 白い花が咲いてたふるさとの あなたを連れ去るあの女性の影 好きで添えない二人なら ずぶ濡れ着物を引き摺って 雨が残したこぼれ灯は 見慣れた街角にも 止まない雨窓が泣いている 目をとじてみればいつも 川は流れてどこどこ行くの 日暮れに点る川あかり おしまい話はこれで Gonna take a sentimental 君がみ胸に抱かれてきくは 泣かせてよあなたすこしだけ 星それぞれに 舟をひきあげ船頭衆は帰る 逢えば情けが深くなる 星を見るのが好きだ アイヤーナーアイヤ 逢いたい逢えない 泣いた女がバカなのか 宿の浴衣の藍染めに触れれば 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し 貴方の夢に虹をかけたい 約束はしないけどあの人は 雨にしめった讃美歌のうたが 今は何も云わないで 窓を打つ雨の雫がこころを 南国土佐を後にして ハァー春のはじめに たかが独りの男にふられ 他人なら優しく出来ても 流す涙は乾いても 諦めましょうと心に決めて 夜明けの枕に聞こえます わがままでしたなにもかも 露地の花さえ嵐に耐えて 桜吹雪が舞う頃 夫婦桜はおしどり桜 背負う宿命のひと枝を 町のあかりも消えはてて 紅葉の匂い嗅ぎつけて 日本海から吹く風が能登の湾 祭り囃子が届く頃 雪しんしんと海に落ち 逢わずに行こうか顔みて行こか 海風凍れて吹雪く夜は キラキラと冬の朝 あなたを刺して死んでやるわと おれのあん娘はタバコが好きで 螢おまえはしあわせか 静かに静かに手をとり手をとり 恋の蛍か漁り火は 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し 恋の蛍か漁り火は闇夜の海を 遠い夕陽に哭く木枯らしが 骨まで溶けるような いつのまにやらチラチラと 髪のみだれに手をやれば 長い旅路の航海終えて 二度と行こまい丹後の宮津 恋はみじかい夢のようなもの 母がまだ若い頃僕の手を あの窓もこの窓も灯がともり 柳につばめはあなたにわたし あんなにも好きだった つれて逃げてよついておいでよ あいつの生まれは深川あたり 今夜の雨はひと頻り 川面に映った月をすくう わかれられない男と女 悲しさまぎらすこの酒を 春を探して貴方と二人 月夜の海に二人の乗った 恋のからくり夢芝居 夢でもし逢えたら素敵なことね さよならは別れの言葉じゃなく 素肌に片袖通しただけで 純な女は可愛いけれど 困らせないでよもうこれ以上 幸せになんかなれなくても 黒潮がもりあがる龍神丸が 星空が凍る夜はぎしぎしと 男のあなたが涙をみせて 泣けた泣けたこらえ切れずに ひとりになった淋しさは この町に忘れられない人が. なぜ結ばれないのでしょうね? 生きて生きて行きましょ ねぇ契り酒 ふたりには悲しい未来しかない。 「契り酒」Shinの妄想話 ふたりの関係性はわかりましたが、男女の姿形が浮かぶ歌詞が少ないですね。 そのネクタイ、とても素敵ですね 彼はニコリと笑い、少し照れながら… ありがとう、君もとても綺麗な女性だなぁと気になっていたよ そんな会話がきっかけで、二人は惹かれ合う。

次の