やる気 が 上がる 8 つの スイッチ。 レビュー「やる気が上がる8つのスイッチ」|IWAO|note

ハイディ・グラント・ハルバーソン の「やる気が上がる8つのスイッチ」を読んでコストのかからない人生を送ろう

やる気 が 上がる 8 つの スイッチ

揺るぎない専門性を持つ• 「私は自分の仕事を高いレベルでやっていきたい」というのは、何を・どのように・いつまでと言うような違いはあっても、多くの人が持っている目標だと思います。 環境を変われば何かが変わるのでは、と再び期待します。 このタイプの人の場合、マインドセットを「成長」を目指すことに切り替え、オンザジョブトレーニングで実力と自信を養い、得るものにフォーカスしているという積極的・意欲的な部分を生かすようにしていくことでモチベーションを上げることができるのだ。 なぜなら答えは一つではないから• じゃあ、その障害を取り除くために何をすればいいのか、解決することで自分が成長できると思えば、モチベーションが全然違ってきます。 どんな人でも「マインドセット」「フォーカス」「自信」の3つの軸から構成されていると考え、その組み合わせで8タイプを分類します。

次の

やる気が上がる8つのスイッチを読んでみた2 /2

やる気 が 上がる 8 つの スイッチ

「失敗したらどうしよう(挽回策を用意して、万全に準備しよう)」 「失敗したらどうしよう(周りから責められ、ダメ人間扱いだ…)」 いかがでしょうか。 体育は、端っこの方で草むしりしてましたね。 トレードからは徐々に離れていきました。 たとえば、いつも試験勉強をしない生徒が「自分だって準備さえすればいい点数がとれるんだ」と言い訳をするのがその好例です。 よく褒めてポジティブで楽天的な環境を整える• それがあなたの無能の証明にはなりません。 証明を持っていたら、それを成長に変える• 同様に各タイプがどのようにやる気を出し、それを持続させることができるのかを解説するとともに、マインドセットの変え方や自信のつけ方、フォーカスの生かし方といった共通の処方箋を詳しく具体的に述べていく。

次の

レビュー「やる気が上がる8つのスイッチ」|IWAO|note

やる気 が 上がる 8 つの スイッチ

証明を持つ人は、自分の能力を他人に認めさせようとし、自分と他人をいつも比べずにはいられない。 で自信をつける• やる気から見た8つのタイプ ここまで紹介した3つの要素によって、人は8タイプに分類されます。 自己効力感は私たちの失敗や成功体験から培われます。 本書では、その8タイプにつき、治療法が示されます。 我々は固定的にどちらかのを持つわけではないが、明らかに成長のほうが有利に働く 2. これでは確かにやる気が上がらないなと納得しますね。 その中でもわかりにくかったフォーカスというのは、獲得が攻めの要素、回避が守りの要素ってイメージしました。 そのためには、成長を意識させるような言葉を好んで使うようにしましょう。

次の

【まとめ要約】やる気が上がる8つのスイッチ コロンビア大学のモチベーションの科学|ライフハックアニメーション

やる気 が 上がる 8 つの スイッチ

スキルを身に着け自信をつける• 十人十色の性格がある中で、やる気の上げ方はそれぞれの人で異なるべきです。 私たちが人間のやる気を駆り立てる方法を解明し、思うような成果を出すためには、 そのやる気のない状態を作り出しているさまざまな要因を探り当てることが必要です。 ところが、 勉強と同様にゲームにも自信が無かったのです。 正しい自信とは何かのくだりです。 やり始めたことは最後までやろうとする• 経済学の用語を借りてくるなら、それは獲得しうる最大限の利益であり、最小限の機会損失(チャンスを見逃するようにしていること)のことと定義されるでしょう。 しかし、その前にでも知っておいて欲しいことが、今回の 「ネガティブは持ち味」だということです!. みなさんもぜひ、 ハイディ・グラント・ハルバーソン やる気が上がる8つのスイッチ を読んでみてはいかがでしょうか。

次の

『やる気が上がる8つのスイッチ』からみる僕の恥ずかしい過去|湯川あやと、本から学ぶ

やる気 が 上がる 8 つの スイッチ

自己効力感ともいう は目標達成の必須要素である• その時時の私たちの気分 4. セミリタイアに必要な技術を会社で盗むんだと思うと、会社にいてもなんとなく気持ちが楽になってくるものです。 常に第二第三の矢を持って事に挑む• 自分の無能さを証明するモノから、逃げているのです。 その時々の私たちの気分 とのこと。 この本で人間を8つのタイプに分けてみました。 優しい語り口で妙に脱線することもなく読みやすい文章でした。

次の

やる気の起こし方は人によって違う?『やる気が上がる8つのスイッチ』│明日につながる読書 あすどく

やる気 が 上がる 8 つの スイッチ

ですので、自分のモチベーションを高めたい時には環境を変える努力をし、他者をマネジメントしたい時には最適な環境を用意してあげることができるかなあと思います。 同期でもなんでも「あいつより先に出世しよう!」と頑張っている人も多いでしょう。 マインドセットとは「心の持ちよう」といった意味です。 そしてこれらの軸はいついかなる時も固定的ではなく、仕事に対して、人間関係に対して様々な場面で変わってきたりします。 一方で、成長マインドセットを持つ人は、人の目は気にしないので、他人がどのように思おうが、自分が決めたことはやり抜きます。

次の

やる気が上がる8つのスイッチを読んでみた1/2

やる気 が 上がる 8 つの スイッチ

証明マインドセット:すごい人と思われたい• 自分が向上することに焦点があり能力を高める事新しい事を学ぶ事に興味がある• 証明を求めるより成長を目指す やる気を上げる方法は一つではない 誰もがやる気を上げれるような万能な方法はないとこの本の冒頭で書いております。 ここで私が言う自信とは、「俺様が最高だぜ」的な他人を力で圧倒するようなタイプのものではありません。 「ハーバード・ビジネス・レビュー」「ハフィントンポスト」「サイコロジー・トゥディ」「フォーブス」などへの寄稿多数。 たくさんの本を読みました。 モチベーションの源泉の2つのパターン 先ほど解説した「証明マインドセット」と「成長マインドセット」とでは、誰であっても二つ目の「成長マインドセット」を持つことが重要なわけですが、 これから解説する2つのパターンについては、自分のパターンを知るという事が重要です。 結論:まずは成長マインドセットを切り替える 自信も大事ですが、 「証明マインドセット」の持ち主の人は、第一段階としてマインドセットを変える必要があるようです。 だから、自分と他人をいつも比べています。

次の

【書評・要約】やる気が上がる8つのスイッチ〜心に火をつける方法〜

やる気 が 上がる 8 つの スイッチ

自信の処方箋のくだりです。 この本ではみなさんを性格ごとに8つのタイプに分類し、モチベーションを維持するための作戦を考えていきます。 (「序章」より) 内容(「BOOK」データベースより) ハイディ・グラント・ハルバーソン Heidi Grant Halvorson, Ph. そして見せかけの自分と、本当の自分はますます乖離していくのです。 抽象思考が得意で、スピード重視。 1,成長マインドに変える 証明マインドの人が行うべき最初のステップです。 でも僕がやりたいのはギャンブルではありません。

次の