遊戯王 ドラゴン メイド デッキ レシピ。 【ドラゴンメイド デッキ】大会優勝デッキレシピ,カード効果14枚まとめ

ドラゴンメイド デッキ【シュトラール】

遊戯王 ドラゴン メイド デッキ レシピ

このカードを持ち主の手札に戻し、自分の手札・墓地からレベル8の1体を選んで特殊召喚する。 自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。 LINK - 2 閲覧数 14824 評価回数 4 評価 36 ブックマーク数 1 - NEW -. 光属性ドラゴン族でもあるため、相性は良いです。 《クイックリボルブ》 …相性の良いポイント:初動カードとして使いやすい展開カード。 1 1 :自分の墓地のレベル7・8の1体を対象として発動できる。 とまあ長々と書きましたが、結局は 可愛い女の子とドラゴンを出したり引っ込めたりしながら、パワーで押し切るデッキ ですね。

次の

【遊戯王】カオス・ルーラー採用!カオスドラゴンメイド デッキ!【ファンデッキ紹介】

遊戯王 ドラゴン メイド デッキ レシピ

《魂喰いオヴィラプター》《ドラコネット》《化石調査》の3枚です。 《嵐征竜-テンペスト》1• このコンボの場合 「ドラゴンメイド・ティルル」と 「ドラゴンメイド・パルラ」のレベルが同じという都合上相手スタンバイフェイズに 「ドラゴンメイド・ハスキー」での展開が狙いにくいため、 3枚目のコンボパーツである 「ドラゴンメイド」モンスターはレベル 2もしくは 7が望ましいかと思います。 通常魔法 1 :自分フィールドにモンスターが存在しない場合に発動できる。 レッドリゾネーター効果で手札からレベル3のドラゴンメイドを展開、デッキからチェイムを墓地へ。 1 :このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。

次の

ドラゴンメイド デッキ【竹光】

遊戯王 ドラゴン メイド デッキ レシピ

」という発想から考えました。 このカードを持ち主の手札に戻し、自分の手札・墓地からレベル7の1体を選んで特殊召喚する。 この効果は相手ターンでも発動できる。 《水晶機巧-ハリファイバー》1• このページでは、「ドラゴンメイド」のカード効果、デッキレシピを紹介し、【ドラゴンメイド】デッキの動かし方・回し方や、 相性の良いカードをまとめて解説しました。 相手がモンスターの効果を発動した時に発動できる。

次の

【遊戯王 最新情報】ドラゴンメイドデッキが2020年環境で続々優勝!デッキレシピ等まとめ!【本日の#優勝デッキレシピ紹介】

遊戯王 ドラゴン メイド デッキ レシピ

戦闘を介するとはいえ、対象を取らずに除去できるクアンタムを優先したため不採用。 ) 【竹光ドラゴンメイド】展開ルート ハリファイバー+ から【守護竜】を絡めて 相手のメイン1をスキップすることで、【ドラゴンメイド】の入れ替え効果を邪魔されずに使えます。 公式より• さらにお互いのスタンバイフェイズに、このカード以外の「ドラゴンメイド」モンスターを対象に取り、そのモンスターよりレベルが1つ上か下のモンスターを手札・墓地から特殊召喚できます。 1 :自分の手札・フィールドから、 ドラゴン族の融合モンスターによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、 その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。 そのモンスターを破壊する。 2 :このカード以外の自分フィールドの表側表示のが自分の手札に戻った時、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。

次の

【遊戯王】デッキレシピ:2位 / ドラゴンメイド / 望月

遊戯王 ドラゴン メイド デッキ レシピ

サーチしたお心づくしを使用して手札か墓地からドラゴンメイドを展開、同時に同じ属性のレベルが異なる墓地へ送ります。 そのモンスターを特殊召喚する。 その後、相手はデッキから罠カード1枚を選んで自身の魔法&罠ゾーンにセットできる。 今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。 このカードを持ち主の手札に戻し、 自分の手札・墓地からレベル8の「ドラゴンメイド」モンスター1体を選んで特殊召喚する。 2 :自分・相手のバトルフェイズ開始時に発動できる。

次の

【遊戯王】デッキレシピ:2位 / ドラゴンメイド / 望月

遊戯王 ドラゴン メイド デッキ レシピ

3 :自分・相手のバトルフェイズ終了時に発動できる。 1 :このカードを手札から捨てて発動できる。 それに際して、ゴーキンを採用せず、様々な召喚法のエクストラモンスターを採用してみようというのも今回の狙いです。 3 3 500 1700 このカード名の 1 2 の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 1 4 1000 2000 このカードが召喚に成功した時、自分の墓地に存在する攻撃力500以下のモンスター1体を攻撃表示で特殊召喚する事ができる。

次の