小田嶋 隆。 小田嶋隆さんが舛添都知事の記者会見について「説明責任」を議論

【前哨戦】アル中の詭弁|小田嶋隆×中川淳一郎 アル中対談|中川淳一郎/小田嶋隆|cakes(ケイクス)

小田嶋 隆

小田嶋 ずっとビール? 中川 はい。 『パソコンゲーマーは眠らない』 (、1992) のち文庫• あの演説の無内容さに思い至ったのは、ツイッター上で複数のアカウントが、小池演説の不備を指摘しているのに触発されて、文字起こしされたネット上の記事を読んだ後だった。 国内では稀有となったコラムニストの一人。 というのも、いきなり電話が来て「小田嶋さん、原稿まだですか!」なんて言われる。 最初から最後までビールです。

次の

おだじまん

小田嶋 隆

反骨のコラムニストが日本の5年間を総括! 【目次】(「BOOK」データベースより) 2015 平成二十七年 誰も知らない新国立競技場の責任者(スクランブル交差点を突破せよ/誰がための新国立競技場 ほか)/2016 平成二十八年 そういえばトランプも謝らない(オリンピックの予算を蒸し返す罪/甘利といえばあんまりだった民主党 ほか)/2017 平成二十九年 モリカケ問題ライジング(「テロリストはみんなそう言うんだよw」/教育ニ関スル戯言 ほか)/2018 平成三十年 この公式文書は突然消滅する(文学として味わう森友文書/みんながなんとなく麻生さんに甘いのは ほか)/2019 平成三十一年/令和元年 御苑の桜に罪はない(我らの望みは憎悪の共有/誰かを落とすための一票だってある ほか) 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 小田嶋隆(オダジマタカシ) 1956年生まれ。 『街場の憂国会議』 内田樹編 (、2014. 叢書 (技術評論社、2012)• 『「反知性主義」に陥らないための必読書70冊』 編、文藝春秋、2015年• オレはアル中じゃない! と言い張るも…… 中川 オレはあくまでも「ビール」が好きなんですよ。 バリアフリーと言われていますが、そうではないと感じられるのでしょうか。 続くと別に酒を飲みたい、なんて思わなくなります。 具体的にはどういうことでしょうか。

次の

小田嶋隆さんが舛添都知事の記者会見について「説明責任」を議論

小田嶋 隆

脚注 [ ] 注釈 [ ]• 99年、クリエイティブエージェンシー「TUGBOAT」を設立 清野由美(キヨノユミ) ジャーナリスト。 噂の真相の連載をまとめたものです。 中川さんだって、たとえば大震災が発生したりしてビールが買えない状態になったら家にある焼酎とか発泡酒とか飲んじゃうはずだよ。 小田嶋 あるある! あのオッサンが衝撃の姿になる! 中川 それで、ここに書いてある(手帳を見せる)NEWPORT14:30ですが、なんと、これは嬉しいサプライズがあったんです。 城西国際大学大学院非常勤講師。

次の

楽天ブックス: 人生の諸問題 五十路越え

小田嶋 隆

小田嶋さん: 例えば女性誌で、デートをするのに一番嫌な男というのは、「コースを決められない男。 小田嶋隆、1997、「 五百万信者が群がる相田みつをは「 便所の神様」」、『諸君! 本当は「テロリストはこういう主張をしているが、その主張は全然当たらないぞ」ということを理論的に論破していくような空気をネット言論の中でつくればいいんだけど、「聞く耳を持つことさえだめだ。 あなたの不安の正体は何なのか、それを知ることが先決です。 この件について小田嶋さんは警句を発しましたが、この状況は今も変わらないでしょうか。 言論をトゲトゲしくできればテロリストにとっては成功なのですが、見事に成功しているように見えたんです。

次の

楽天ブックス: 人生の諸問題 五十路越え

小田嶋 隆

東京オリンピック・パラリンピックの招致活動が始まったときには少数派ではなかった不支持の声が、招致が決まった途端に消滅した例が挙げられていますが、どこに問題があるとお考えですか。 著書に『場末の文体論』『もっと地雷を踏む勇気~わが炎上の日々』『その「正義」が危ない』など、多数あります。 このこと(演説の内容の希薄さ)に、私は、リアルタイムで気づくことができなかった。 スタジオに行こう。 一年足らずの食品メーカー営業マンを経て、テクニカルライターの草分けとなる。 こういった文章をズバズバと投げ込んでいく。

次の

楽天ブックス: 人生の諸問題 五十路越え

小田嶋 隆

コンピュータ妄語録• オレさぁ、それまで年間363日くらい酒飲んでいたんですよ。 話し合うことそのものを拒絶する空気というのがある、ということかもしれないですよね。 『転換期を生きるきみたちへ : 中高生に伝えておきたいたいせつなこと』 内田樹(編) 晶文社、2016年• より、おいしくするにはビールが必要だ」とか理屈つけては朝から500ml缶を2本開けちゃったりするんです。 1956年、東京・赤羽生まれ。 』(日経BP社)。

次の