し の つく 雨 と は どんな 雨。 【400種超】雨の種類・表現・意味・名前 一覧集 まとめ

雨とは?雨がつく言葉にはどんなものがあるの?雨にも名前がある?

し の つく 雨 と は どんな 雨

・雪解雨 ゆきげあめ 冬に積もった雪を解かすようにふる雨。 ・横時雨 よこしぐれ 横殴りに降る村時雨。 俳句では冬の季語。 「夏」の雨 ・夕立 ゆうだち 夏の夕方に降る、短時間で降る雷を伴った雨。 外部サイト. さまざまな呼び名がある雨の降り方です。 意味や解説、類語。

次の

雨の名前と種類を一覧で紹介!日本人の豊かな感性に感動!

し の つく 雨 と は どんな 雨

それは高気圧と低気圧が 交互に通過するためです。 日本でも個性的な雨の呼び名がありますので少しだけ紹介してみましょう。 俄雨は多くの方もご存知のように、急に振り続けてくるような雨を指し、雨が降ったかと思うと急にまた止むような雨の事を指します。 血雨:けつう:土壌由来の成分を含み、赤い色の付いた雨のこと。 ・驟雨 しゅうう 急にざっと降りだし、すぐに止む雨。 ・解霜雨 かいそうう 冬の寒いときに、作物についた霜を溶かすように降る雨。 ・催花雨 さいかう 花の育成を促す雨。

次の

日本の梅雨の特徴とメカニズム。「梅雨はシトシトと雨が降り続く」というイメージは、全国共通じゃなかった!

し の つく 雨 と は どんな 雨

・疎雨 そう まばらに、ポツポツと降る雨。 いきなりの雨 鬼雨:きう:鬼の仕業かと思うような並外れた雨。 霖雨:りんう:幾日も降り続く雨のこと。 ・ゲリラ雷雨 げりららいう 雷を伴ったゲリラ豪雨 ・集中豪雨 しゅうちゅうごうう 限られた場所に集中的に降る激しい雨。 夏から秋にかけての移行期に現れる、秋雨前線による。 肘笠雨とはにわか雨のこと。

次の

気象庁|予報用語 雨の強さと降り方

し の つく 雨 と は どんな 雨

飛雨:ひう:風まじりの激しい雨。 あまり強くはないものの、急に雨が降って傘を持ち合わせていない状況で肘で顔が濡れないようにしているような状況の雨を肘かさ雨と呼ぶことが多いです。 麦雨:麦の実る時期の雨で、梅雨の別称。 外待雨も天泣と同様に普段ではあまり聞かないような言葉ではあるのですが、外待雨と書いて「ほまちあめ」と読みます。 この結果から、どんなことが言えるかな?. 6mmで その差は5倍以上あります。 三日寒い日が続くと、 今度は四日暖かくなるという意味で この変動を繰り返しながら、 徐々に天気が安定してきます。 曽我十郎の忌日であるとされ、恋人の虎御前の涙が雨となって降るといわれている。

次の

肘笠雨(ひじかさあめ・ひじがさあめ)ってどんな雨?名前の由来は?

し の つく 雨 と は どんな 雨

・五月雨 さみだれ 旧暦五月に降る長雨。 com 1. 怪雨も普段の生活ではあまり聞きなれない言葉だと思いますが、怪雨と書いて「あやしあめ」と読みます。 「花散らしの雨」とも呼ばれる。 ・樹雨 きさめ 濃霧の森林を歩いている時に葉から滴り落ちてくる雨。 ・鬼洗い おにあらい 大晦日に降る雨。

次の

気象庁|予報用語 雨の強さと降り方

し の つく 雨 と は どんな 雨

「春の長雨」とも呼ばれる。 にわか雨、村雨とも。 村時雨:むらしぐれ:激しく降って、さっと通り過ぎてしまう。 ・軽雨 けいう 春に少しだけ降る雨。 ・叢雨 むらさめ 降り方が激しくなったり、ゆるくなったりする雨。

次の

気象庁|予報用語 雨の強さと降り方

し の つく 雨 と は どんな 雨

入道雲や積乱雲が出てきて、雷を伴う非常に激しい雨が短時間で集中して降り注ぎます。 冬時雨:ふゆしぐれ:時雨は冬のものですが、晩秋に降るものとはっきり区別するための呼び名。 喜雨:きう:ゲリラ豪雨の和名「鬼雨」と同じく、こちらも「きう」と読みます。 子供の名前に「雨」を付けたいママは良かったら参考にしてくださいね。 goo. ・作り雨 つくりあめ 打ち水のことです。

次の

肘笠雨(ひじかさあめ・ひじがさあめ)ってどんな雨?名前の由来は?

し の つく 雨 と は どんな 雨

・小糠雨 こぬかあめ ・ひそか雨・ぬか雨 春先にしとしとと降る霧雨。 日本人は雨が大好きな民族なんですね。 肘笠雨ってどんな雨のことを表しているのでしょう。 ・喜雨 きう 日照り続きの後に降る喜びの雨。 意味は反対です。

次の