さんずい 漢字。 部首「氵(さんずい)」

部首が「さんずい」の漢字一覧

さんずい 漢字

+16画• 「住基ネット統一文字」の文字コードは、「J+6EC9」になります。 +5画• 読み 音読み:「 ジョ」、「 ニョ」 訓読み:「 なんじ」 画数 「 6画」 部首 「」 美しい漢字の書き方 100万人を超える指導実績を持つ 【がくぶんのペン字講座】の 無料資料には、 漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、 それを参考に漢字を書いてみると、 ビックリするくらい 美しい漢字が書けるようになって すごい感動しました! 美しい字が書けるようになると、 周りの人からも 褒められて、とても気持ちが良いです! ぜひ、資料請求してみて下さい。 女の子の名前によく使われる「汐」 名付けで海を連想させる漢字は「」「」「海」「」など、いくつかあります。 旁(tsukuri) [27]• 「滉」を含む男の子の名前には、 ・滉一(こういち)・滉季(こうき)・滉生(こうき)・滉紀(こうき) ・滉規(こうき)・滉貴(こうき)・滉基(こうき)・滉二(こうじ) ・滉司(こうじ)・滉介(こうすけ)・滉佑(こうすけ)・滉晴(こうせい) ・滉誠(こうせい)・滉太(こうた)・滉汰(こうた)・滉太郎(こうたろう) ・滉平(こうへい)・滉明(こうめい)・滉也(こうや)・滉弥(こうや) ・貴滉(たかあき)・滉人(ひろと)・滉斗(ひろと)・滉歩(ひろと)などがあります。 また、別の説として、この字は、まわりをぐるりと水で取り囲まれた小島に、霊獣カイチを閉じこめた図を表している、というのもあります。 すぐに思いつくのが「穏やか」な印象をもとに 「おおらかで優しい人に育ってほしい」「心穏やかに人生の波を乗りこなしてほしい」というものではないでしょうか。 「滉」を含む女の子の名前には、 ・滉花(こうか)・滉美(ひろみ)・万滉(まひろ)などがあります。

次の

部首「氵(さんずい)」

さんずい 漢字

人名用漢字なので、一般的に「滉」の熟語はありません。 「法」の成り立ちにはいろいろな説があって、限られたスペースでは簡単に説明できないのです。 このご質問は、私の怠け癖を突いた、痛いご質問であります。 Q0342 「法」という漢字は、水には関係がなさそうなのに、どうして「さんずい」が付いているのですか? A 「法」の成り立ちについては、 Q0302で一度、ちょっとご説明したことがありました。 かわいそうなのは負けたカイチです。 「滉」の音読みは、「コウ」になります。

次の

さんずいに朱(洙 )の意味、読み方、熟語、使い方

さんずい 漢字

男の子の場合は「キヨ」の響きで汐陽(キヨハル)や汐寛(キヨヒロ)と男の子らしい漢字を組み合わせることが多いようです。 脚(ashi) [13]• 孔子の学問に「洙泗学」があります。 Other [167]• 繞(nyou) [6]• +14画• 「滉」の熟語 さんずいに晃と書く漢字は「滉」です。 構(kamae) [10]• +11画• 冠(kanmuri) [19]• 垂(tare) [5]• 「滉」の漢字を電子計算機上で取り扱うために、各規格の固有の識別コードがついています。 言い訳を許してもらえるなら、私が説明をはしょったのは、単に怠け者だからだけではありません。

次の

「法」という漢字は、水には関係がなさそうなのに、どうして「さんずい」が付いているのですか?|漢字文化資料館

さんずい 漢字

「洙泗」の流域は、孔子の生地・没地・弟子に道を講じた場所になります。 偏(hen) [59]• 漢字のイメージや意味を理解して素敵な名前を考えてあげてくださいね。 この漢字の成り立ちは「汐」の字面をよく見ると分かりますよ。 「洙」は漢姓のひとつなので熟語には人名があります。 ここから 「何事もベストなタイミングを見極められる子に」「状況を理解して常にバランスの取れる子に」などと想像を膨らませることもできるかもしれませんね。

次の

「法」という漢字は、水には関係がなさそうなのに、どうして「さんずい」が付いているのですか?|漢字文化資料館

さんずい 漢字

敗れ傷ついた霊獣は、文字通り、水に流されてしまうというのです。 「滉」は人名用漢字なので一般的な熟語はありません。 主にJIS第1水準・JIS第2水準の漢字を対象に記載しています。 熟語には、人名の「季光洙」・「山県洙川」・「半井宗洙」などがあります。 「滉」の音読みと訓読み さんずいに晃と書く「滉」は水部10画の漢字です。 +3画• +6画• また、「汐」の満ち引きの変わり目から派生して、「汐時」と使えば「ちょうど良いとき」を表します。 「滉」は水部の漢字で画数は13画になります。

次の

さんずいに晃(滉)の意味、読み方、熟語、使い方

さんずい 漢字

+7画• ・殊・須・種・主・周・首・収・殳・手・收・舟・戍・朱・咒・枢 ・取・呪・侏・茱・洙・株・娶・娵・終・蛛・棕・痩・衆・腫・溲 ・椶・鄒・銖・聚・需・趣・撞・鋳・諏・銹・數・橦・樞・麈・鍾 ・趨・鬆・繻・鰌・鰍・鬚・鑄・珠・酒・修・狩・守などになります。 熟語とは、複数の語や形態素が比較的強く結びつき、独立したまとまりをなす表現を指す用語になります。 「洙」の音読みは「シュ」です。 海を連想する漢字はダイナミックなイメージのものが多いので、 「穏やかさ」「繊細さ」「柔らかさ」「静けさ」と関連づけるなら「汐」はピッタリの漢字ですよ。 「汐」は「氵(さんずい)」と「夕」が組み合わさってできています。 今風に言えば、検察側と弁護側に1匹ずつカイチがいるわけです。 水部に属する部首で左側に位置するとき、「氵」の形になり、「さんずい」と呼びます。

次の

部首「氵(さんずい)」

さんずい 漢字

JIS漢字水準は「JIS第2水準」になります。 しかし、その「法」の起源が、実は曖昧模糊としてはっきりしないというのは、なにやら意味深な感じがしないでもありませんね。 「法」に「さんずい」が付いていることに関する1つの説明は、この「水」は「水平」の意味で、基準・標準を表している、というものです。 「法」に「さんずい」が付いているのは、この「水」を表している、というのが、この説の主張です。 さんずいに晃 さんずいに晃と書く漢字は「滉」になります。

次の

部首「氵(さんずい)」

さんずい 漢字

2008 年以前の古い記事のため、ご留意ください。 「汐」の意味や由来は? 「汐」は「しお」あるいは「うしお」と読んで 「夕方の海の満ち引き」を表す漢字です。 【組み合わせて使われる漢字】 汐(キヨラ) 汐音(シオネ) 汐(シオミ) 汐(シオリ) 汐(シオリ) 汐(シオリ) など 汐(キヨハル) 汐(キヨヒロ) など. 「洙」の意味には、川名・山東省中部を流れて、泗水に注ぐ・洙水(シュスイ)などがあります。 「Unicode/UCS」の文字コードは「U+6EC9」になります。 ほかにも汐美(シオミ)や汐音(シオネ)、「キヨ」の響きで汐深(キヨミ)や汐羅(キヨラ)と使われます。 「洙泗学」は儒学とも洙泗の学とも言われます。 「洙」の漢字は、水の画数+6画で構成されるので「水部6画の漢字」と表現されます。

次の