宅 建 平成 30 年 解説。 平成30年(2018)の宅建試験の法改正を解説!

宅建試験ドットコム - 試験制度&過去問題を徹底解説

宅 建 平成 30 年 解説

地域商業• 【問17】都市計画法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 甲土地につき売買代金の支払と登記の移転がなされた後、第三者の詐欺を理由に売買契約が取り消された場合、原状回復のため、BはAに登記を移転する義務を、AはBに代金を返還する義務を負い、各義務は同時履行の関係となる。 【指定流通機構の 新規登録件数】 【平成 29 年の 新規登録件数の合計】 5,369,841 件 前年 比 1. 密集市街地における防災街区の整備の促進に関する法律によれば、防災再開発促進地区の区域内の一団の土地において、土地の所有者が一者しか存在しなくても、市町村長の認可を受ければ避難経路協定を定めることができ、当該協定はその認可の日から効力を有する。 」「もう一方の当事者は、第三者の詐欺について知っていたのか。 4:建設業は宅建業に該当しません。

次の

平成30年

宅 建 平成 30 年 解説

本肢のCは、「仮装譲渡の事実を知らな」いのですから、Aは、Cに対して虚偽表示による無効を対抗することができません。 土地区画整理事業の施行者は、仮換地を指定した場合において、従前の宅地に存する建築物を移転し、又は除却することが必要となったときは、当該建築物を移転し、又は除却することができる。 債務者が時効の完成の事実を知らずに債務の承認をした場合、その後、債務者はその完成した消滅時効を援用することはできない。 無権代理人が本人に無断で本人の不動産を売却した後に、単独で本人を相続した場合、本人が自ら当該不動産を売却したのと同様な法律上の効果が生じる。 建築物の高さ31m以下の部分にある全ての階には、非常用の進入口を設けなければならない。 3:共同抵当権設定後に建物が取り壊されて建物を再築した場合、抵当権者C保護のため(甲土地が法定地上権付きの安い土地とならないよう)、特段の事情がなければ法定地上権は成立しません。

次の

【宅建過去問】(平成30年問01)意思表示

宅 建 平成 30 年 解説

建物状況調査:住宅診断(宅地建物取引業法) 平成30年4月1日施行日 媒介契約書(34条) 宅地建物の売買・交換の媒介の依頼を受けた宅建業者は、媒介契約書面に、下記事項を新たに記載すること。 宅建インプリの販売を開始して合格者を多数輩出! この年から、宅建試験の申込みが郵送でも可能となりました。 9%の減少となった。 2:管理者は、本人の請求があったときはいつでも事務処理状況を報告しなければなりません。 3:耐火建築物が取得日以前25年以内に建築されたものであるか、or 一定の耐震基準に適合することが要件となります。

次の

【宅建】過去問解説「統計問題」の2018年(平成30年度)の傾向

宅 建 平成 30 年 解説

2:取引士登録に不正があったとしても、「宅建試験合格」が取り消されることはありません。 5点免除制度が緩和され、不動産業者の合格率が上がりました。 商業地は 26年ぶりに上昇に転じ、 全用途平均でも 下落を脱した。 正しい。 本件約定は、停止条件付贈与契約である。

次の

平成30年(2018)の宅建試験の法改正を解説!

宅 建 平成 30 年 解説

【問18】 建築基準法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 (消費税は別途取れる) これが、400万円以下の物件については一律、18万円を上限としました。 この年まで、現在の宅建試験と出題順等が大きく異なります。 この場合における次の記述のうち、宅建業法の規定に違反しないものはどれか。 【問28】次の記述のうち、宅建業法の規定によれば、正しいものはいくつあるか。

次の

【宅建】過去問解説「統計問題」の2018年(平成30年度)の傾向

宅 建 平成 30 年 解説

3:建築確認申請中の 広告は売買も貸借も不可 です(貸借の契約は可) 4:表示しないことにより誤認させることも許されません。 「400万円以下の空き家等の売買や交換の媒介・代理において、依頼者(売主)からの合意を前提に、受領できる報酬額の上限が現地調査等の費用を含めて18万円(+消費税)になる」 ・空き家等といっても空き家に限らず、400万円以下の物件であればすべて対象となります。 今まで宅建試験には、売上高と経常利益率の数字が出ているので、増減の数値の推移をおさえて下さい。 不法行為によって生じた債権を受働債権として相殺できないのは、 悪意ある不法行為 に限られます。 )多く要する場合、その旨をEに対し説明した上で、AがEから受け取ることができる報酬の上限額は194,400円である。

次の

【宅建過去問】(平成30年問01)意思表示

宅 建 平成 30 年 解説

【問16】都市計画法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 ただし、許可を要する開発行為の面積については、条例による定めはないものとし、この問において「都道府県知事」とは、地方自治法に基づく指定都市、中核市及び施行時特例市にあってはその長をいうものとする。 2:収益還元法は、自用の不動産でも賃貸を想定することにより適用されます。 0%、学生11. 0%、その他6. AB間の賃貸借契約が借地借家法第38条の定期建物賃貸借でない場合、A及びBのいずれからも期間内に更新しない旨の通知又は条件変更しなければ更新しない旨の通知がなかったときは、当該賃貸借契約が更新され、その契約は期間の定めがないものとなる。 土地(代金350万円。 50問の通し問題のため難問も混ざっていますので気をつけてください。 風致地区内における建築物の建築については、一定の基準に従い、地方公共団体の条例で、都市の風致を維持するため必要な規制をすることができる。

次の

【宅建過去問】(平成30年問01)意思表示

宅 建 平成 30 年 解説

3:不動産取得税において、 相続や法人の合併 は非課税 です。 2:空家等売買の特例が適用されるのは 売主から受領する報酬 についてです。 ・宅地建物取引士及び重要事項の説明を受けようとする者が、 図面等の書類及び説明の内容について十分に理解できる程度に映像を視認でき、かつ、 双方が発する音声を十分に聞き取ることができるとともに、 双方向でやりとりできる環境において実施していること。 【問35】宅建業者間の取引における宅建業法第35条に規定する重要事項の説明及び重要事項を記載した書面(以下この問において「重要事項説明書」という。 4:相殺適状にないため相殺不可。

次の