目途 読み方。 「目途」の意味とは?使い方の例文と「目処」との違いを解説

目途 と 目処 意味はほぼ同じですか。 目途って 「もくと」と発音しますか。それとも「めど」と発音しますか。

目途 読み方

・月末の完成を目途としてプロジェクトを進めるように上司から指示を受けた。 「目処」、「目途」、「目度」はいずれも一般的には 「めど」と読む名詞です。 「目安」の類語には、「準則」「試金石」「規格」「規準」「準拠」「物差」「標準尺度」「引き合い」「原点」「参考」「指標」「基点」などがあります。 目的が不明確だと、何の為にそれをするのかも不明瞭になってしまいます。 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。 「目処/目途」の類語 目当て (意味:目的としているもの、目指しているもの) 「私の目当ては半額になっている洋服だ」 目標 (意味:実現することを目指している基準) 「目標を達成できるように努力する」 目的 (意味:達成させようと目指しているもの) 「この計画の目的としては、みんなの仲を深めることだ」 見通し (意味:物事の結果や成果を予想すること) 「復帰の見通しはまだ立っていない」 見込み (意味:将来の予想) 「もうすぐ復旧する見込みです」 当て所 (意味:目指しているところ) 「旅行の当て所としては、その国の文化を知ることだ」 意図 (意味:何かをしようと目指しているところ) 「早めに行うことを意図しているが、なかなか難しい」 作意 (意味:何か良くないことを計画していること) 「彼の行動には特に作意はないだろう」 意趣 (意味:心が目指しているところ) 「意趣としては、必ず成功させることだ」 狙い (意味:目指しているところ) 「彼女の狙いを読み取るのは難しい」 展望 (意味:将来を見渡すこと) 「未来の対しての展望は今のところない」 「目処」と「目安」の違い 「目安」の意味は「 だいたいの見当、目印、目当て」です。 「 湯桶読み」とは、 「 前の字が訓読み・後ろの字が音読みの熟語」のことを指し、 本来の読み方ではない不規則な読み方のことを表します。

次の

目処と目途「めど」と「もくと」って読むんですね!両方とも、めど...

目途 読み方

「常用漢字表」によれば、「目」には、字音として「モク・ボク」を掲げ、字訓として「め」と掲げてある。 まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか わる 」がないことです。 また「objective」を使った例文としては、次のようなものがあります。 どのように使い分ければいいのでしょうか。 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。

次の

「目処が立つ」の意味は?「目処」と「目途」の違いは何?

目途 読み方

「目処」は「目指すべきもの」という積極的なニュアンスを持ちますが、「目安」は「だいたいの程度」というゆるやかなニュアンスを持つようになっています。 上記の例文だと、「月末完成を目標に業務を進めてくれ」という意味になります。 「目処萩」は古来から占いをする際に用いられていたので、「占い」自体を「メド」と呼ぶようになりました。 よろしくお願い致します。 朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

次の

「目途(めど)」と「目処(めど)」の意味の違いと使い分け

目途 読み方

「目途 もくと 」と「めど」とは極めてよく似た意味の語であって、辞典の語釈中に、「めど」と掲げているものが多い。 常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。 来週の日曜日を 目処に郵送するつもりです。 「めど」と読まれることもありますが、正式には「もくと」と読みます。 そこで、以下では「目処が立つ」の使い方を、ビジネスシーンと日常的なシーンに分けて解説します。 「目」は音読みで「モク・ボク」、訓読みで「め・ま・さかん」と読みます。 目途の英語表現 「目途」の英語表現としては、「objective」が最もふさわしいといえるでしょう。

次の

「目処」「目途」「目安」の意味と違い

目途 読み方

うすうす感じてはいましたが、やはり「もくと」とは読んでもらえていないようです。 集英社国語辞典3版の「もくと」の項目には「(文章)めあて。 ・このプロジェクトは、販路を拡大して会社の売上に寄与することを目的にしている。 目的,目前,項目................ 例えば「五月を目処に」とか 「完成の目処(見通し)がつく」という使われ方をしています。 引用元: です。

次の

「目途」は何と読みますか?

目途 読み方

提案だったけどおかげさまで 目鼻がつき、今や主力案件となっている。 例文 ・今回の試験の合格は80点を目安としたものの、達成している人は少なかった。 途上,帰途,前途 処 處)... 【目処】• 目処の「目」と言う字は、要点という意味を持っていて、これは目印とするもの、目指すべき場所などを意味しています。 以上のようなことから言えば、「目途」は「モクト」と読む場合は、前述のとおり、何も問題はないが、「メド」と読む場合は、「常用漢字表」の音訓欄に掲げてある音訓による使い方からは外れているとみるべきであろう。 日常生活で使う機会はほとんどない為、ニュースなどで見かけた際に「目標という言葉を言い換えているのだな」と理解できればよいでしょう。 手段や方法がはっきりとしている場合には「目途」と使うようにします。

次の