ハート ドリブン。 アカツキCEO「会社は目標やKPIを追う必要はない」→じゃあどうやって会社伸ばすの?|新R25

【書評・要約】ハートドリブン〜ハートドリブンとは目に見えないものを大切にする経営力〜

ハート ドリブン

そこを一枚岩にするために一番大事なのは、「対話」だと思うんです。 ハートドリブン 上記の経験から、塩田さんは自分の存在、人々の存在をより大切にするようになりました。 これからの時代は、数字、計画、思考だけで はなく、感情、直感、感性を研ぎ澄ましてい くことが重要になってきます。 私はハッタリでやりたい事に関してコネがあって生活の心配は全然無いから大丈夫と両親を説得して仕事をやめました。 この本では自分の内側、いわゆる「魂」を進化させることに重点を置いて書かれていますが、実際には自分の外側にもちゃんと目を向けて、世の中にどんな価値を提供できるかを考えていくことも大切だと思います。 魂に気付きたくないという人はハートドリブンには出会わないでしょうし、ラーメン幸せノートにも出会わないでしょうし、他の魂に関する本にも出会わないと思います。 (中略) 無理して楽しい場を作り出す必要はないと思えるようになり、 一人ひとりの自己表現や存在を尊重できるようになってきた。

次の

【読書】 「ハートドリブン」これからの時代に必要なのは4つの目|kishimoto keisuke|note

ハート ドリブン

5年に1回ぐらい起こさなきゃいけないんだけど、そういうことを続けて大きい規模になっていくのね。 は相手に勝つことが目的になっていますが、 ユーザーごとに特攻してくのか、 指示を出す係なのか、 たくさんの役割があって、 自分のプレースタイルを選んでいくという点では、 自己表現に近いゲームと言えます。 見方を広げて世界を見よう。 なぜそうしているかというと、皆が、素の自分が思っていることを自由に話すと、お互いのことを分かち合えるようになるんですね。 ビジネスに関する具体的な方法が書かれてい るわけではないですが、これまでのビジネス 本とは一線を画す内容ですよ。 9年前に3人で始めた企業が、破竹のヒットメーカーに 女子野球選手を育成し甲子園を目指す「八月のシンデレラナイン」(ハチナイ)、そのサッカー版の「シンデレライレブン」などのオリジナルタイトル。

次の

【書評】ハートドリブン 単なる夢物語か?これからの時代に必要な思考か?

ハート ドリブン

塩田さんが幸せになって来たからこそ、周りを幸せに出来る準備が整って来たねという事で、この本を出版する事ができたと思うのです。 知っていたこの世の真実を塩田さんの人生バージョンで振り返る楽しいエンタメ本でしたね。 しかも、インセンティブをもらうためには、お金、地位等、会社の中の有限なリソースを割くことになります。 数字を追いかけるためみんな頑張っていますが、その人の幸せとイコールではありません。 僕は今まで、アカツキのメンバーが楽しんでいないと、 どこか不安だった。

次の

アカツキCEO塩田が語る「ハートドリブン」な新ビジョンとは?|Akatsuki VOICE(アカツキ ボイス)

ハート ドリブン

誰かと協力している、 人と繋がっているという感情報酬、 自己表現している中で得られる感情報酬が、 最近のゲームには求められているのです。 本の中では、塩田さん自身が上の3つの目で世界を見た時、「次は心の時代になる」とおっしゃっています。 自己紹介らしいんですけど、じゃあちょっと場をあたためるために「チェックイン」しましょう。 ネガティブな感情も出していったほうが、実はお互いの理解も深まるし、ハートそのものの理解も深まるのではないかと思っています」 社員同士が互いの本心に触れる機会をつくる効果は、社内の活性化だけにとどまらない。 ただ、起業当初から好調だったわけではありません。 ではハートドリブン感想の目次です。 世界を、環境を変えることばかり気にしていた。

次の

【書評・要約】ハートドリブン〜ハートドリブンとは目に見えないものを大切にする経営力〜

ハート ドリブン

魂の進化。 その結果更なる進化をすることができたのではないかと思いました。 勝屋さんとの出会い それからDeNAを経て、アカツキを創業した塩田さんはハッピーカンパニープロジェクトで学んだことを忘れかけていました。 「力で全て解決しよう」、成果に拘ろうとしすぎて目に見えるものしか大切にできていなかったのです。 司会者:多い。

次の

【書評・要約】ハートドリブン〜ハートドリブンとは目に見えないものを大切にする経営力〜

ハート ドリブン

経営や組織論でも、インセンティブっていう言葉が使われることが多い。 今回紹介されている「生き方」はあくまで一つの考え方であって、もし共感できないなと感じた方は新たに別の作品を探してみると良いかもしれません。 どれだけ大きな自分になっているかが大切だよ」 この言葉の特に「人生の目的は何かを手に入れることじゃない。 塩田:じゃあ野球が得意な人はdelyに行くという。 その点、アカツキのゲームはコンセプトが明確なので、どれも尖っている。

次の

【書評】塩田元規さんの「ハートドリブン」は評価の難しい一冊【僕はモヤモヤしました】|りょうかん — Ryōkan Blog —

ハート ドリブン

大企業に行く人たちばかりだった中で、僕はマイノリティで起業を選んだけど、それは自分がいいと思って選んだから。 しかし、役職が上がると共にトラブルのレベルがドンドン上がっていきます。 お金やモノをもらったとしても、そこに感情の報酬があるかないかで、その価値は100万倍変わります。 私はボーナスが貰える時期に辞めたのですが、ボーナス査定がめちゃくちゃ下げられてボーナスが10分の1になってビビりました笑 やめた後に何をするのか? 私はとある物が好きでそれを広めたい活動をしたいと思っていました。 むしろモノよりコト消費、体験消費が求められるようになった時代には、そちらにこそ高いニーズがありそうだ。  これからの時代は今まで以上に、意義(Why)がすべての中心になる。

次の

【書評・要約】ハートドリブン〜ハートドリブンとは目に見えないものを大切にする経営力〜

ハート ドリブン

「働く人々が会社の資産だから、その人たちが生み出す雰囲気、活力が会社のコアだ。 隠したい事実ですよね。 起業家• アカツキは「ハートドリブンな世界へ」をビジョンに掲げていて、一人ひとりが自分の心が感じたことを大事にしながらワクワクして、それが人の幸せにつながり循環する世界になっているという考え方をしています。 堀江:たまたまタクシーの運転手さんが野球部の仲間になってくれたんですけど、誰かこの中にもいい選手がいるかなと思って。 専門書の分野も主に虫の目の視点で書かれて本と言えるかと思います。 また、ビジョンやミッションをビジュアルで見せる工夫もしている。 そんな僕の想いが多くの方の心に届くことを願っています。

次の