タイトリスト ts1 試打。 ギア : タイトリスト『TS1』のアマ試打レポで大激論。筆者「100点!」、P編「いや、ちょっと待て!」

タイトリストTS2・TS3ドライバー試打 再び

タイトリスト ts1 試打

。 スピンが2800回転平均。 つかまり過ぎた感触でもドローがかかりすぎない。 「TS2」に比較すると、まぁ、比べものにならない扱いやすさです!! 0 4. 7 クラブ総重量 275 273 271 Titleist Air Speeder シャフトスペック かなり軽いシャフトです。 ロフト角は8. 2モデルとも最高の評価を付けたい。

次の

試打クラブレンタル|ゴルフクラブ|Titleist|タイトリスト 日本公式サイト

タイトリスト ts1 試打

自粛解除されたのでゴルフに行きたいなと思うのですが梅雨入りして微妙なテンションでゴルフに行けてません。 まず持ってみた感覚ですが、重量的には「軽っ!!!! 身長173cm、体重72kg。 弾道の高さを調整するものですから、高すぎる場合はより軽いウェイトにすると良いでしょう。 でもかアメリカのメーカーにありがちなつかまり切らないイライラ感は全くない。 それに、今打ち終わって弾道と飛距離は見たけど、まだヘッドの内部重心を計測してない。 TS2,TS3よりも1度アップライトな設定の効果なのか、振り遅れぎみでヒットしてもしっかり捕まえてくれます。 おすすめしたいゴルファーは ・オフセンターでも飛んで欲しい。

次の

ギア : タイトリスト『TS1』のアマ試打レポで大激論。筆者「100点!」、P編「いや、ちょっと待て!」

タイトリスト ts1 試打

5 試打データ それでは、待望の?試打データです! 笑 TS1 9. オフセンターでも曲がり幅が小さくて、どちらも弾道のばらつきが少ない。 それ以上ある人なら、もっと重く固いシャフトを自分でチョイスしないと打てないと思います。 結果から言うと 飛びます! この試打データは3球の平均値です。 5 D2. TS1 9. 2020年6月13日• プッッシュが出やすいタイプのゴルファーはシャフトのスペックがソフトの方がいい。 が、そこはタイトリスト!! TS1ドライバーでアドレスした時の印象 実際にボールを乗せてアドレスした時の印象ですが、 写真だと分かりづらいかもしれませんが、優しそうなヘッドで 構えていても違和感なくアドレスすることができました。 ネックには他のTS2、TS3、TS4と同じくロフト角の調整機能が搭載されていますので、球の上がりやすさ、つかまり具合を調整することができます。

次の

タイトリストが「最強」と豪語する〈TS1〉を打ったら、100点! 【パーゴルフ プラス|PAR GOLF PLUS 】

タイトリスト ts1 試打

「TS」シリーズでは最大かな!? TS1ドライバーは従来の1シリーズと形状が異なる 907D1ドライバーは、珍しい三角形のヘッド形状で、重心が後ろでミスに強い形状になっています。 いよいよ試打を開始していきます。 おススメ度 ハードコアなタイトリスター向け。 0 クラブ総重量 270 268 タイトリスト TS1 ドライバーは、タイトリストが新たなユーザー層に向けた、タイトリストの独自の飛び性能を持たせた軽量ドライバーです。 TS4は数量限定ではあるものの、その数は全世界合計なので、いつパーツが無くなるかは不明です。

次の

タイトリスト TS1 ドライバー/ヘッドスピード別試打(1/4)|クラブ試打 三者三様|GDO ゴルフギア情報

タイトリスト ts1 試打

この「TS1」ですが、打つ前の正直な感想は「でしょう!! ハードヒッターには不向きなヘッド重量ですが、逆に言えばヘッドスピードを簡単に上げられる仕様でもあるので、アベレージプレーヤーにはちょうど良いでしょう。 「お客さん(僕)の場合、アドレスの際クラブをソールしませんよね?そういうタイプの人はインパクトでフェースの下側にヒットする傾向があります。 917の時はヘッド体積が440ccの917D3より460ccの917D2の方が多く売れたそうですが、今回はどちらも460ccということもあり、今の所大きな開きは無いそうです。 いつものイメージよりもややテイクバックを鋭角に上げるのを意識したややアップライト気味、かつドライバーでもダウンブローを意識して打つと、あら不思議!! 比較する「TS2」は「スピーダー 519 エボリューション」、「TS3」は「ツアーAD 60」で、それぞれ同様の硬さを選択。 軽いです。 【操作性】 曲がらないから安心して操作できる。 筒は「ヘッド性能もシャフトのラインアップも多くのユーザーを取り込めるモデルに仕上がっている。

次の

タイトリスト「TS1」ドライバー

タイトリスト ts1 試打

スライサーの方にも無理なく使え、操作性もそれなりあるので、これからハンデを上げたい方、上達していきたい方などには丁度いいクラブです。 さらに、「ウエイトの位置もソールの一番後方に配置してるTS2に対して、TS3はソールの後方より少し中に入ったところに配置してあります。 好きなクラブはAW。 TS3は917D2よりやさしくはなっていますが、捕まりやすいというより捕まらないことはないって感じですかね。 スペックは、ロフト角10. ヒットしたところは、フェースのやや上くらいでした。 0rpm、サイドスピン-688. 少なくとも「TS」シリーズでは最も扱いやすく、ともすれば「VG3」と被りそうなイメージもありますが、「VG3」ほどオートマチックではないイメージでした。 1度、バックスピン量2769. でも叩いても左にいかない、そんなクラブです。

次の

TSドライバーの全モデルを徹底比較!TS1、TS2、TS3、TS4

タイトリスト ts1 試打

また、このTS1ドライバーは棒球で飛ばすので、キャリーはほどほどですが、ランで飛距離をかせぐドライバーだと感じました。 ということから、タイトリストTS1ドライバーは、ヘッドスピードが遅いゴルファー、シニア向けゴルファーに向いてると言えます。 シャフトは 標準仕様は2種類のオリジナルカーボン。 筒さんも見てみて」 PCM筒康博(以下、筒) 「おぉ〜〜〜形状は、バランスいいですねぇ〜。 絵がヘタすぎてイラストにしても伝わってないかもですね。 。 肝心な「VG3」との違いですが、ボクの感覚では「VG3ほどオートマチックではない」というところです。

次の

タイトリスト TS1ドライバーの試打&評価/「気持ちいい!」の一言│楽しい GOLF LIFE

タイトリスト ts1 試打

・Titleist Diamana 50 ・Titleist AIR Speeder オリジナルカーボンの「Titleist Diamana 50」は、最近人気の軽くて硬いシャフト。 積極的にフェースローテーションを使いたいなら「TS3」になる。 形状的にはに似た感じで、「VG3」よりも気持ちシャローに見えました。 この手の軽量ドライバーではスピンロスで飛距離が伸びないことが多いのですが、スピンが出ているわりに TS1はよく飛んでいます。 球を無理に上げようとしなくても、勝手に球を上げてくれます。 (JGRはSシャフトで53g) さて、僕の試打ドライバーのスペックはこんな感じ。

次の