栃木 市 災害。 鹿沼市 土砂災害ハザードマップ

【台風19号】栃木市、災害ごみが満杯 仮置き場3カ所閉鎖、搬出進める|地域の話題,県内主要|下野新聞「SOON」ニュース|台風19号|下野新聞 SOON(スーン)

栃木 市 災害

市では、国や県から新たに公表された最大規模の降雨による浸水想定に基づき、防災ハザードマップを作成しました。 原則として徒歩で避難しましょう。 市内転居の場合、補助金15万円に、若年世帯5万円、子ども1人2万円の加算あり。 金吹町 0• 避難方法• 栃木県内では人的被害は重傷1名、軽傷12名のほか、建物被害は住家全壊13棟、住家半壊41棟、住家一部損壊420棟、非住家被害453棟、文教施設被害3棟(24年10月31日現在 栃木県HPより)など大きな災害となりました。 現地での手続きを減らすため、事前に申し込みをしてから災害ボランティアへご参加ください。 市内転居の場合、補助金15万円に、若年世帯5万円、子ども1人2万円の加算あり。 大町 0• 63人 513位(815市区中) 5人 372位(815市区中) 1. 県内での死者は12名、家屋の全壊・流失約280棟となっています。

次の

鹿沼市 土砂災害ハザードマップ

栃木 市 災害

柿平町 0• 自宅・学校・職場などの周辺にどのような災害の危険性があるのか、また、最寄りの避難場所や避難経路の確認など,ご家庭や地域内での防災の取り組みにご活用ください。 栃木県内では人的被害は3名のほか、建物被害は住家半壊2棟、住家一部損壊88棟、非住家被害84棟(25年10月15日現在)など大きな災害となりました。 38件 392位(815市区中) あり 医療 5ヶ所 304位(815市区中) 128ヶ所 157位(815市区中) 25人 229位(815市区中) 13. 降水量は日光・中禅寺湖畔で627 ミリとなっています。 50km 2 231位(815市区中) 世帯数 57838世帯 196位(815市区中) 人口総数 161363人 173位(815市区中) 年少人口率(15歳未満) 11. ほかに空き家を貸出し、移住を促進する「お試しの家」などがあります。 少しでも身に危険が迫っていると判断した場合には、市役所からの指示がなくても、ためらうことなく避難しましょう。

次の

宇都宮地方気象台|栃木県の主な気象災害

栃木 市 災害

8km、幅約200m)により、鹿沼市みなみ町から鹿沼市茂呂にかけて、住家損壊などの被害が発生しました。 やむをえず加入できない場合は当日当センター で加入できます。 U・I・Jターンの場合、補助金20万円に、若年世帯40歳未満10万円 40~50歳未満5万円 、子ども1人10万円、所有者が市内で勤労10万円、市外で勤労5万円の加算あり。 1902年9月28日の台風 「足尾台風」と呼ばれています。 。 上台町 0• 避難する際の注意 家を出るとき• あり 【結婚新生活支援補助金】結婚して市内で新生活を始めた新婚世帯の住居費、引越費用の一部を助成。

次の

災害時の避難

栃木 市 災害

乳幼児医療 中学校卒業まで 自己負担なし - 所得制限なし - 中学校卒業まで 自己負担なし 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。 4 第3子以降の児童の保育料無料。 場合によっては、避難勧告等の発令が遅れたり、防災行政無線からの避難勧告等が聞こえないこともあり得ます。 関川町 0• 天明町 0• 高山町 0• また定住希望の世帯には、補助金を交付。 なお、洪水浸水については、平成29年12月に栃木県が策定した黒川及び思川の洪水浸水想定区域を基に平成30年6月に新たに発行した、を参照ください。 2012年5月6日の竜巻 5月6日は日本の上空5500メートルにおいて、氷点下21度以下の強い寒気が流れ込んでいました。 植野町 0• 大平町富田の大型家具店は1万点以上の商品が廃棄処分になる見通し。

次の

気象庁 | 気象警報・注意報 | 栃木市

栃木 市 災害

2 【多世代家族住宅新築等補助金】市街化調整区域等に3世代以上で同居・近居のための住宅を新築・購入・増改築した方に補助金を交付。 <外部リンク>(別ウインドウが開きます)<外部リンク> 防災ハザードマップの配付について 防災ハザードマップについては、平成31年4月に広報紙にあわせて各世帯に配付いたしました。 11 妊産婦医療費助成。 最高300万円まで無利子で融資が可。 お礼の品として、ポイント制カタログギフト方式を採用しており、寄附金額に応じて贈呈するポイントを使い、とちおとめやとちぎ和牛、米、雑貨類、体験チケットなど360品以上の特産品からポイントの範囲内で好きなものを選択することができる。

次の

災害時の避難

栃木 市 災害

閉鎖を知らずに訪れ、市職員に「ふざけるな」と大声を出す被災者もいた。 窓ガラスや看板等が落ちてくる可能性があります。 栃木県内では人的被害は重傷34名、軽傷51名のほか、建物被害は、住家半壊3棟、住家一部損壊16棟、非住家被害1棟、農作物・農業施設被害142億8683万円(26年3月18日現在)など大きな災害となりました。 栃木県の主な気象災害 栃木県内の災害としては、台風や前線活動に伴う大雨による土砂災害・河川の氾濫などの災害が多くなっており、たびたび竜巻にも見舞われています。 亀井町 0• 一方、12時には日本海に低気圧があって、東日本から東北地方の太平洋側を中心に、この低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいました。 大古屋町 0• 鐙塚町 0• 融資の返済は毎月元利均等償還するものとし、返済期間は最長5年とする 年利3. 茂呂山町 0• 13 3歳児健康診査眼科検査における屈折検査の導入。

次の