ご 足労 おかけ し ます が。 「ご足労おかけしますが」「ご足労頂き」の正しい意味と使い方【例文付き】

目上の人に使える?「ご足労おかけします」の意味と使い方

ご 足労 おかけ し ます が

「恐縮」は「 相手の厚意を受け入れて恐れ入る」という意味なので、感謝やお礼を伝える場合に使用することで、「 相手の好意をありがたく思っている」という意味合いを強めます。 そのため、使い方には注意が必要です。 「いただき」は何かをしてもらうの謙譲語で、「ありがとうざいました」はお礼の言葉。 例えば、自分が担当する商談に上司に一緒に来てもらうといった場合に、社内やメールで「ご足労おかけしますがよろしくお願いいたします」というように伝えることはできますが、取引先相手のいるすの場で自分の上司に対して「ご足労おかけしますが」と使用するができないということです。 例) 「この度は、ご足労いただき誠にありがとうございます。 」と依頼することによって、「迷惑をおかけしますが... 「お運び」のように「お」という謙譲語をつけた言葉なので、目上の人やビジネス上の上司や取引先などに対して使用します。 この微妙なニュアンスの違いが「ご足労をおかけし」と「ご足労いただき」の違いという事になります。

次の

目上の人に使える?「ご足労おかけします」の意味と使い方

ご 足労 おかけ し ます が

この場合は、「いただき」を使用している言葉ではありますが、 「わざわざ足を運んでもらうことになり大変申し訳ないのですが〜」というように、相手が来る前に使用することもありますので覚えておきましょう。 例文 「何度もご足労をおかけし恐縮ですが、何卒よろしくお願いいたします」 「ご足労おかけし恐縮ですが、3日は弊社3階にあります会議室までお越しいただきますようよろしくお願いいたします」 「ご足労おかけし恐縮ですが、今月中までご来店いただくようお願い申し上げます」 より丁寧な「ご足労おかけし恐縮ですが、何卒よろしくお願い申し上げます」 さらに、より丁寧な言い回しは「ご足労おかけし恐縮ですが、「 何卒よろしくお願い申し上げます」となります。 どうぞ気をつけてお帰りくださいませ」 「先日はお足元が悪い中ご足労いただきましてありがとうございました」 「ご足労いただき恐縮ですが、〜」と来る前に使うこともある 「おご足労いただき恐縮ですが、〜」は、来る前に使うこともある言い回しです。 「ご足労いただきますようお願いいたします」は、 相手に来てもらわなければならないときに使用する言い回しです。 「ご足労」を使う際は、以下の注意点はしっかりと意識してください。 しかし、「ご足労をおかけする」と「お手数をおかけする」は、どちらも相手に時間や労力をかけさせるという意味では同じです。

次の

「ご足労おかけしますが」「ご足労頂き」の正しい意味と使い方【例文付き】

ご 足労 おかけ し ます が

「all the way」で「はるばる」という意味で、相手がわざわざ来てくれている、というニュアンスを出すことができます。 「明日はご足労をおかけしますが、15:00に弊社会議室でお待ちしております。 まとめ 普段から使うことの多い馴染みのある言葉だからこそ、正しい言葉遣いを意識することは、社会人として、ビジネスシーンでは大切にしたいところです。 ご足労をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします」 「当日は、弊社のエントランスにてお待ちしておしります、ご足労をおかけしますがよろしくお願いいたします」 「この度は私達の結婚式にご出席いただけるということで誠にありがとうございます。 「ご足労をおかけしますが」という言葉は、過去や現在に起きた(起きている)出来事ではなく、未来の出来事に対して使える表現なんですね。 それ自体が正しい敬語として普及している「御足労」ですので、使い方を間違えるケースはあまりなさそうですが、まずは改めて、ご足労の意味とビジネスシーンの中でも使っていいシチュエーションをしっかりとおさえておきましょう。 。

次の

「ご足労おかけしますが」「ご足労頂き」の正しい意味と使い方【例文付き】

ご 足労 おかけ し ます が

タイミングに応じて同じ言葉であっても表現を変える必要があることは留意して使用していきましょう。 例えば、「〜をしていただきありがとうございます」というような使い方です。 ・打ち合わせの際には弊社までご足労くださり、大変感謝しております。 」などと言えばよいでしょう。 また例えばですが、ミーティング終了後に再度メール等で日程調整をするなど、何かしらメールをいれる際には、「先日はご足労をおかけしてしまい申し訳ありません」や、あるいは「先日はご足労いただきありがとうございました」といった表現をまずいれるというのがマナーとしては適切でしょう。 ですので「ご足労」とは、こちらが足を運ばなければいけないところを、わざわざお越しいただいたことに、感謝の気持ちを表した言葉なのです。 また、自分が明らかに立場、役職が上の場合でも、「ご足労いただき」と冒頭で謝辞を述べることで、印象がよくなりますね。

次の

「ご足労をおかけしますが」の意味と使い方の例文!「ご足労いただき」との違いとは?

ご 足労 おかけ し ます が

来てもらう前であれば、「御足労おかけしますが」「ご足労いただき恐縮ですが」といったようにメールなどで表現するのが良いでしょう。 などのフレーズが使えます。 ご足労の類語と違いは? お手数をおかけする 「お手数をおかけする」の手数には、「ご足労」のように相手がわざわざ足を運んでくるという意味合いは含まれていません。 例文 「何度もご足労をおかけし恐縮ですが、何卒よろしくお願い申し上げます」 「ご足労おかけし恐縮ですが、直接受付までお越しくださいますよう何卒よろしくお願い申し上げます」 「ご足労おかけし恐縮ですが、今月中までご来店いただきますよう何卒よろしくお願い申し上げます」 「ご足労いただき」の使い方 「ご足労いただき」は主に足を運んでもらった後に使う 「ご足労いただき」は、主に 足を運んでもらった後に使用する言葉です。 ですので、社内で使う言葉としては言葉としては相応しくありません。

次の

「ご足労おかけしますが」「ご足労頂き」の正しい意味と使い方【例文付き】

ご 足労 おかけ し ます が

「ご足労をおかけしますが」の意味 「ご足労をおかけしますが」という言葉には、「相手にわざわざ足を運んでもらうことに対するねぎらい」の意味が含まれています。 「ご足労おかけしますが」の意味は「わざわざ足をお運びいただき申し訳ありませんが」 「ご足労おかけしますが」は、「 わざわざ足をお運びいただき申し訳ありませんが」というような意味合いで使用される言葉です。 「ご足労おかけしますが」は、 相手に来てもらう前に使用する言い回しなので、後のは「よろしくお願いします」というように続け、「 足を運んでいただき申し訳ありませんがよろしくお願いします」という気持ちを伝えます。 「ご足労いただく」というのは同様に広く用いられる表現であり、例えば「ご足労頂きありがとうございます」のように、「わざわざ足を運んでいただき(ありがとうございます)」のように使います。 基本的には、相手に来てもらった事実への感謝を表すもの、いう認知で使っている場合がほとんどでしょう。

次の

ご足労の意味とは?正しい使い方やタイミング、類語との違いも解説

ご 足労 おかけ し ます が

例えば、「ご足労おかけしますが、よろしくお願いいたします」というような使い方です。 これから来てもらうときには「ご足労おかけしますが、よろしくお願いします」のように使えばいいですし、実際に会った時には「ご足労おかけしました」と挨拶の言葉として使うといいでしょう。 そのため、実際に会って使用するよりはむしろビジネスメールを送る際や、電話などのやり取りのときに用いられることが多い表現です。 「ご足労おかけしますが」の使い方と例文 「ご足労おかけしますが」は足を運んでもらうときに使う 「ご足労おかけしますが」は、 足を運んでもらうときに使用する感謝の言葉です。 ビジネスをスムーズに進める手段として、覚えておきましょう。 ビジネスシーンでも、打ち合わせで会社にやってきた取引先の人などを労うときなどに、口をついて出る「ご足労」「ご足労いただき」「ご足労いただく」といった言葉。

次の

目上の人に使える?「ご足労おかけします」の意味と使い方

ご 足労 おかけ し ます が

ただいま担当の者が参りますので少々お待ち下さいませ」 「本日は遠路からわざわざご足労いただき誠に感謝申し上げます」 結婚式などでも使う「お足元の悪い中、ご足労いただきありがとうございます」 結婚式などでも使う「 お足元に悪い中、ご足労いただきありがとうございます」という言い回しを紹介します。 「足労(そくろう)」は、「 足を疲れさせること・足を運ばせること 」という意味がある言葉で 「足を運んでもらう時」つまり、「来てもらう」というような場面で使用します。 従って、「ご足労おかけし恐縮ですが、何卒よろしくお願いもうしあげます」はかなり丁寧な労いの言葉であり、さらに丁寧によろしくお願いしますという気持ちを伝えられる言い回しであることがわかります。 そのようなときも「部長がいらっしゃるとは思いもしませんでした。 さらに、「ご足労賜りますようお願い申し上げますという言い回しをすると、よりかしこまった表現となり、取引先相手やお客様に出向いてもらうような場面にふさわしいです。

次の