新幹線 e チケット モバイル suica。 「新幹線eチケットサービス」で遠距離介護が超絶便利になった!

新幹線「モバイルSuica特急券」終了 ICカード登録型のチケットレスに移行

新幹線 e チケット モバイル suica

すでにご存知の方には肩透かしになるかもしれませんが、知らない人が多いのではないかと思うのでご紹介したいと思います。 こちらもえきねっとから引用します。 その他にも地域ごとに、()をはじめ、色々なカードがあります。 新幹線」という、交通系ICカードを使用したチケットレス乗車サービスがありますが、チャージ金額の範囲内で、首都圏の自由席しか利用できませんでした。 まとめ 新幹線eチケットを使うと、携帯できっぷを買って、改札にタッチするだけで新幹線に乗ることができます。 「モバイルSuica」のサービス自体、FeliCa搭載の携帯電話・スマートフォンでなければ使用できず、JRのビューカード以外で登録した場合は年会費も必要だったためだ。

次の

Suicaで乗れる!新幹線eチケットの要点

新幹線 e チケット モバイル suica

登録できるカードは、Suica(スイカ)やPASMO(パスモ)など全国相互利用サービスに対応した交通系ICカード。 東海道・山陽新幹線は別サービス JR東には、これまでも「モバイルSuica特急券」(3月13日終了予定)があった。 だと、新幹線などはモバトクという割引が適用され、のように割引切符がない場合でもモバトクで安くなるというメリットもあります。 メリット 駅に行かなくても座席が抑えられる 従来は駅に行ってその場で特急券を買わないと座席を抑えることができませんでした。 サービス提供区間は東北・北海道、上越、北陸、山形、秋田の各新幹線全区間の停車駅相互間。 このカードは他のビューカードが基本還元率0. 「空席(赤)」から「着席(緑)」に変わったらOK。 それともう一つ、登録するクレジットカードが必要です。

次の

「えきねっとアプリ」の新幹線eチケット対応が延期。サービス開始に間に合わず

新幹線 e チケット モバイル suica

アプリから会員登録 手持ちの交通系ICカードで「ピッ」と乗車したい方は最初の3つを、スマートフォンで乗車したい方は最初の3つに加え、後半3つも行うと手続き完了です。 このサービスにより、インターネット上で新幹線チケットを予約後、手持ちの交通系ICカードを新幹線自動改札機にタッチすることで、東北・北海道、上越、北陸、山形、秋田の各新幹線に乗車できるようになりました。 普通の仕組みになったと考えられます。 現在は、値段と時間で負けているので、サービスで付加価値を付けて行かないと、厳しい状況が続くと考えています。 JR東日本によると、タッチ時にまずIDの照会を行い、新幹線eチケットが存在する場合は自動改札機を開き、新幹線eチケットが存在しない場合は通常の判定を行うため、既存の「Suica FREX定期」「タッチでGo! 引き続き大人用としてご利用になる場合は、大人用に変更する手続きを行ってください。 さらに、普通に買うよりも安く乗れるのでお得です。

次の

「えきねっと」で新幹線eチケットを予約してチケットレスで乗ろう!

新幹線 e チケット モバイル suica

新サービスは、それを発展させたものと考えるとわかりやすい。 画像:JR東日本プレスリリース 利用方法 「新幹線eチケットサービス」を利用するには、JR東日本・北海道の列車予約サイト「えきねっと」または、JR西日本の列車予約サイト「e5489」に会員登録し、各サイトで、利用する交通系ICカードを登録します。 入会金や年会費がかからない 専用のサイトに会員登録が必要と聞くと身構えてしまいますが、お金は一切かかりません。 モバイルSuica(スイカ)におすすめのクレジットカード2選 モバイルSuicaにはクレジットカードを登録する必要があります。 モバイルSuicaでは、決済をクレジットカードで行いますので、手持ちのクレジットカードを一つ登録しなくては使えません。 割引率が高いサービス 日本旅行の赤い風船という 新幹線チケット+宿泊ホテル付がお得になります。

次の

新幹線「モバイルSuica特急券」終了 ICカード登録型のチケットレスに移行

新幹線 e チケット モバイル suica

JR東日本には「タッチでGo! さっきーです。 きっぷ乗車 従来の「えきねっと」と同様に、指定席券売機で紙のきっぷに引き換えて乗車することも可能です。 JR東日本も、在来線特急ではモバイルSuicaでなくても使えるチケットレスサービスを2010年から導入していた。 早期の予約でおトク! 自由席・グリーン車・グランクラスも! 指定席だけでなく、自由席、グリーン車、グランクラスもお申込みいただけます。 えきねっとで予約後は、駅の自動券売機で、えきねっとに登録したクレジットカードを使って発券。

次の

モバイルSuica特急券⇒えきねっと新幹線eチケットに変更

新幹線 e チケット モバイル suica

繁忙期・閑散期の価格あり 新幹線eチケットは JR東海道・山陽・九州には対応していないので、名古屋・大阪・京都・福岡と東京の間の移動には使えないのは残念です(涙) 有料サービス「エクスプレス予約」だと例えば東京〜新大阪は片道で1,100円も割引になるので、それと比べると値引きの幅は小さいですね。 はやかけん このサービスでは、えきねっとまたはe5489における予約情報と交通系ICカードのIDをオンラインで照合し、乗車の可否を判断する「センターサーバ照会方式」を取っている。 駅の窓口で支払うこともできません。 この次に期待したいのは両者の統合だ。 このため、今、現在、はモバイルアプリがありませんので、Sucaの一択です。 モバイル特急券が無くなり、えきねっと内のサービスでICカードでの乗車が可能になるそうです。

次の

「えきねっとアプリ」の新幹線eチケット対応が延期。サービス開始に間に合わず

新幹線 e チケット モバイル suica

ログインをして、この操作を行わないと、電子マネーの利用やチャージなど、定期券以外の機能が使えませんので注意してください。 なのでパスケースなどに入っていてもワンタッチで認識してくれチャージ式なので、クレジットカードとは違い、チャージした分を越えた額は利用できません。 端末が故障、紛失しても安心 アプリで一番心配なのは、スマホをなくしたり、壊れてしまった時はどうするか?ということです。 そもそも、年間費が掛かることが謎でしたの。 えきねっとの会員登録ボタンをクリック 個人情報の取扱いにチェックの上、同意するをクリック。

次の

新幹線eチケットサービスの開始に伴って値上げ!?それとも値下げ!?

新幹線 e チケット モバイル suica

ICカードに特急券情報を書き込むわけではなく、サーバー上に記録された予約情報を問い合せる鍵として使用します。 もちろん、利用もスマホで! わざわざ駅の窓口に行かなくても購入できますし、切り替え時期で混んでいるときに並ぶ必要もありません。 東海道新幹線に関しては、がすでにあります。 乗車日の1ヶ月前から当日の午前1時40分までの申し込みになりますので、期限を過ぎないように注意しましょう! 「お先にトクだ値」で最大30%オフ 利用日の13日前までに申し込むと、さらに割引率が大きくなる、「お先にトクだ値」も是非利用しましょう。 Suicaを始めとする「交通系電子マネー」以外のFeliCaを使った決済に順次対応する。 とはいえ、全体的には便利なサービスだといえるだろう。 スポンサーリンク モバイルSuica特急券の概要 モバイルSuicaとは モバイルSuicaとは、JR東日本が提供している交通ICカードのSuicaがスマートフォンで使えるサービスになります。

次の