し の つく あめ。 数ページ読める|雨、あめ|絵本ナビ : ピーター・スピア みんなの声・通販

雨の言葉

し の つく あめ

日本国語大辞典 雨明り あめあかり 雨降りなのにほのかに明るく感じられること。 雨の日のたくさんの素敵な絵で描かれたこの絵本を見ていると雨の日ならではの風景の美しさが再発見でき,小さい子供を連れてのお出掛けも楽しくなれるお勧めの絵本です。 あまおさえ。 類語国語辞典 照り降り てりふり 晴天と雨天。 「雨雪を取って来てちょうだい」と叫んだのである。 類語国語辞典 淫雨 いんう 作物に害を与えるような 長雨。 雨のことば辞典 筒抜け つつぬけ 話した内容がすぐに漏れてしまうなどという一般的な意味の他に、ひどい雨漏りを指す。

次の

雨の漢字一覧表

し の つく あめ

宮澤賢治「永訣の朝」 永訣の朝 この異常な烈しい心のぶっつけ合いは、どうしても爆発するところまで行かずにはすまない。 雨のことば辞典 降雨 こうう 降った雨。 台風の災厄を払い除こうとする信仰からきたもの。 また、雨が降っている空。 あめふり。 謡曲では、地拍子の基本と考えられ、実際には変化をつけて奏する。 下手な人の、まのびした調子。

次の

数ページ読める|雨、あめ|絵本ナビ : ピーター・スピア みんなの声・通販

し の つく あめ

日本国語大辞典 雨垂調子 あまだれちょうし まるで雨だれが落ちるような調子で 未熟な人が、ピアノや三味線を一定したリズムがなくぽつんぽつんとひくこと。 日本国語大辞典 雨栗日柿 あまぐりひがき 雨に恵まれた年は栗の出来が良く、日照りの多い年は柿が良く実るということ。 また、霧のように細かい小雨。 賢治がこの雪のようなみぞれを取ろうとした時、それはもう、どこを選ぼうにも選びようがないほど、 どこもかしこもまっ白であった。 「窘雨」と同意。 また、軒下に沿ってめぐらした石組み。

次の

雨の漢字一覧表

し の つく あめ

類語国語辞典 雨漏 あまもり 屋根や天井などから雨が漏ってくること。 日本国語大辞典 雨催い あまもよい・あめもよい 今にも雨になりそうな様子。 暗いみぞれの中に立って初めて賢治は、妹の真意をさとる。 雨漏堅手ともいふ。 「目に青葉」といわれる初夏は、青葉若葉がひときわ美しく際立つ季節。 雨のことば辞典 小止み こやみ 雨・雪などが しばらく止むこと。 この欠けた陶椀は兄妹の変らぬ愛情の象徴なのである。

次の

雨の言葉

し の つく あめ

気象用語で、「梅雨期本邦南沖にはほぼ定常的にできる前線、停滞前線で梅雨を起こすのでこの名がある。 勢いよく降る大雨。 「駛」は、速い。 類語国語辞典 微雨 びう ほんのわずかに降る雨。 また、深い悲しみのため涙となったかのように降る雨。 あんなに恐ろしい乱れた空から来たとは思えぬほど純白な雪の姿であった。 自然の生命活動が盛んになるこの時期、外を歩き回ると草木や虫を踏みつぶし、無用な殺生をするからというのである。

次の

TSUTAYA音楽ダウンロードサイト

し の つく あめ

雨のことば辞典 菜種梅雨 なたねつゆ 菜の花の咲いている時期に降る雨。 日本国語大辞典 雨の漏家 あめのもりや 雨の漏る家。 山伏などが着用した。 日本国語大辞典 雨曝 あまざらし 雨にさらすこと。 大漢和辞典 雨泣 うきふ なみだが雨のようにどめどなく下ること。

次の

雨のうた 雨に関する民謡・童謡・音楽

し の つく あめ

また、霧雨。 日本国語大辞典 雨の底 あめのそこ 雨の降っている下の土地。 日本国語大辞典 雨茣蓙 あまござ 雨を防ぐために着るござ。 糸のように細かい雨。 日本国語大辞典 雨染 あまじみ 雨水のしみたあとの汚れ。 類語国語辞典 土砂降り どしゃぶり 雨が非常に激しく降ること。

次の