検察 官 定年 延長。 【主張】検事長の定年延長 「解釈変更」根拠の説明を

堀江貴文氏「アホみたいな言説」検察定年延長抗議に

検察 官 定年 延長

国会での議論で、先ほどのメモを含め、政府はいくつかの文書を提出しました。 また、国家公務員法とは別に、わざわざ検察庁法が定められているのは、検察事務が準司法作用を有するがゆえに、独立性を保持する必要が高いためです。 しかし、この文書には日付が入っていなかったうえ、森法相は「必要な決裁はとっている」とし、一方の法務省や人事院は「正式な決裁はとっていない」と答弁。 <筆者略歴> 田沢 剛:弁護士 平成3年に東京大学法学部卒業、同年司法試験に合格。 なぜ口頭で決裁? 国会では野党側から、解釈変更をめぐる「証拠」を求める声が相次いだ。 そして、上記のように、検察官の定年については、国家公務員法の施行によって影響を受けない、と明記しています。

次の

検察官定年延長の改正案反対拡大 誤解や曲解に検察困惑 対応次第で火種に

検察 官 定年 延長

政府といたしましては、この人事院見解を基本としつつ、関係省庁間で鋭意検討を進めてまいったわけでありますが、このたび、国における行政の一癖の能率的運営を図るべく、国家公務員法の一部改正により国家公務員の定年制度を設けることとし、この法律案を提出した次第であります。 1月末に当時の東京高検検事長、黒川弘務氏の定年延長を閣議決定したことが問題の発端である。 法解釈の変更は、国会の立法権のみならず検察の独立性も脅かす Q:東京高検検事長の定年延長が閣議決定されました。 ただ、司法専門家の間でも「今回の黒川氏の定年延長については、疑問点が多い」とする見方が少なくない。 これは後法である〈一般法〉に対して前法である〈特別法〉が優越すると解されるケースですが、事例によっては、後法である〈一般法〉が前法である〈特別法〉に対して、後法優先原理の適用を受ける場合もありえます。 加えて、人事院は定年を延長する例として「名人芸的技能」「離島などの勤務」、「大型研究プロジェクトの主要メンバー」などを挙げていて、いずれも今回とは大きく異なります。

次の

東京高検検事長の定年延長はやはり違法(渡辺輝人)

検察 官 定年 延長

」と述べ、この部分に解釈の余地があったとの考えを示した。 2月19日には、森法相は内閣法制局と人事院と閣議決定について協議をした日時が1月である、と初めて語った。 そんな時、大臣官房審議官から松山地検検事正に異動して2カ月にしかならない黒川氏が、大臣官房付として呼び戻され、検察官らに加え、学者や弁護士を含めた事務局をまとめるトップに据えられたところに、その有能さへの期待がうかがえた。 戦後の検察は、憲法の「司法の独立」を理念とする検察庁法によって作られ、その結果、数々の巨悪を摘発してきました。 ここが、大きな問題となっている。 主要野党は「政権による違法、脱法行為にしかみえない」と攻勢を強めたが、森法相は「一般法の国家公務員法の適用で、違法ではない」と繰り返し強調し、首相も「法務省としての人事を閣議で決定したもの」と介入を否定して、論議は水掛け論に終わっている。 ただ、実際上は法律関係が入り組んできたりすると、特別法優先原理と後法優先原理のどちらを適用すべきか解釈が分かれるような場面もあります。

次の

検事長定年延長問題は、なぜこんなにも紛糾しているのか(園田寿)

検察 官 定年 延長

首相を逮捕するかもしれない機関に官邸が介入するなんて、法治国家としての破壊行為だ」と批判をエスカレートさせた。 検察庁法は、戦後、日本国憲法が詳細な刑事手続き上の人権保障規定を設けるもとで、その趣旨を実現するために刑事訴訟法などとともにつくられました。 」 さらに、本多議員は、安倍政権下では閣僚らがスキャンダルを起こしても「不起訴の連続だ」と追及。 検事の定年は63歳だが、これを半年延長することで、安倍政権は黒川氏を 次期検事総長(定年は65歳)に就任させるつもりではないか、との推測が飛び交う。 枝野代表は今回の解釈変更について、こう指摘した。

次の

検察官の定年延長のなにが問題なのでしょうか 黒川氏の件は別...

検察 官 定年 延長

一例をあげます。 今回の経過を「官邸による恣意的人事との臆測が広がることで、警察も含めた司法全体に『政権の圧力』を感じさせるのが本当の狙い」 閣僚経験者 との見方も出ている。 森法相らは「国家公務員法では、職務の特殊性や特別の事情から、退職により公務に支障がある場合、1年未満なら引き続き勤務させることができると定めている」と説明する。 多くの幹部が「政権の意向で捜査が左右されることはない」という姿勢を示すが、著名人を含めツイッターで批判が相次ぐ状況に「これほどまで注目されるとは予想外だった」という声も漏れた。 検察事務は裁判事務と余程違い相当活発性が必要なことから総長は65歳、普通の検事は63歳とするのが適当なところであると議論が落ち着いたこと• 65歳が定年の検事総長を除き、一般の検察官の定年は63歳。 確かに、細かな連絡や了承を、口頭で済ませる場合もあるでしょう。

次の

江川紹子が解説【検事長定年延長】は何が問題か…正当化できない“脱法的人事”の果てには

検察 官 定年 延長

野党は安倍政権の対応と過去の答弁との食い違いをもとに「違法だ」と批判したが、森雅子法相は「規定は適用される」と繰り返した。 検察庁は、内閣に属する行政組織ですが、検察庁法という法律をもって組織を規律しているわけですから、その解釈を勝手に変えて運用するなどということは、立法権の侵害にあたります。 また、定年延長の結果8月まで勤務が続くと、黒川検事長よりも誕生日が後で、ライバルと目されたほかの人が63歳を迎えて、先に定年となります。 この改正法案が 黒川検事長に対して行った脱法的な延長を、 後出しジャンケンで正当化するつもりじゃないのか。 その際も処分が軽過ぎると批判され、処分決定に首相官邸の関与があったかどうかを巡って不透明さが残った。

次の

検察官定年延長法案、ネットで「大炎上」の理由

検察 官 定年 延長

」と述べ、森法務大臣の資質に疑問を呈した。 法案から特例をなくすのはもちろんだが、黒川氏を巡る閣議決定も取り消し、検察人事への政治の恣意(しい)的な介入の余地をなくすべきだ。 背景に何があると考えられますか? ——— 東京高検検事長は、検察庁のトップである検事総長に次ぐポストと言われています。 「東京高検検察庁の管内において遂行している重大かつ複雑困難事件の捜査公判に対応するため、黒川検事長の検察官としての豊富な経験知識等に基づく管内部下職員に対する指揮監督が不可欠であると判断したため、当分の間引き続き東京高検検察庁検事長の職務を遂行させる必要があるため、引き続き勤務させることとした」 によると、事前に「 内閣法制局、人事院とも相談し異論はないとの回答を得ている」とのことですが、正直言って驚きを禁じえません。 ただ、法律によっては、後法優先原理では解決できない場合もあります。

次の

東京高検検事長の定年延長はやはり違法(渡辺輝人)

検察 官 定年 延長

当時は民主党政権である。 これを受けて細川氏が、「言葉の使い方ひとつで受け止め方、解釈、理解は変わる。 そして、そして、前述の今国会における人事院局長の答弁の要点を前提にすると、内閣には検察庁法22条の特例を政令で定める権限がありそうです。 後述の安倍政権による「検察庁法32条の2は定年年齢と退職時期だけの特例でその他(退職の特例たる勤務延長)は一般法たる国家公務員法が適用されるから定年延長はできる」という解釈は(当たり前ですが)取らなかったのです。 ところが1月の終わりに 東京高検検事長の黒川弘務氏(63)の定年を半年延長する閣議決定を行った事から話がおかしくなってきました。 昭和22年制定の34条1項6号は、「児童に淫行させる罪」を規定し、最高で10年の懲役を科しています。 しかし検察庁は歴代、前任の検事総長らが後任を決める運用をしていると言われます。

次の