ダンロップ sx300。 ダンロップ SX300をインプレ!

ダンロップ SX300LSをインプレ!打感や特徴を現コーチが評価

ダンロップ sx300

の トップ部分の グロメットの形状によく似ています。 新テクノロジーなどが発表され、確認してみたところ、すぐにでも試してみたいと思う面白そうな工夫がありました。 センターに密集したストリングスにより コントロール性は上がっているのですが 打ち応えもしっかりした感じがします。 中厚黄金スペックのラケットとしては、ややクセのあるラケットになっています。 0 です。 この285gはイケる! これはバボラのピュアドライブチーム でも感じたことです。

次の

【DUNLOP】SX300の評価・レビュー・インプレまとめ【楽々スピンラケット】

ダンロップ sx300

DUNLOP HPより こちらの動画もご覧ください。 0 in. SX300との一番の違いは打球感の違いになると思います。 それでいてスピン性能がエグイレベル。 エクストリームのような強烈な反発力を持ちつつ、柔らかさを持っているモデル。 ぜひみなさんにも、 それを感じてもらいたい。 後で分かったことですが、 SXのSはスピンのSだということ。

次の

テニスサポートセンター仙川店|DUNLOP SX300試打してみました

ダンロップ sx300

ですが、 スイングする感覚としてはCX200に通じるものがあります。 【ガット張り上げご希望の方はガットも同時に買い物かごにお願いします。 0シリーズだと、打感はよいのだけど重さがあってしんどいと感じていた女性プレーヤーでも、今作のSX300LSなら重さを感じずにラケットのしなり・スピンといった3. ウェイトは同じですが、フェースサイズとフレーム厚が大きく違います。 ボレーはあまり収まりの悪さは感じませんでした。 シュリンク込みの重量として、あくまでも参考程度にご理解ください。 あ、今ミスタッチで、 セリーナ・ウィリアムズ「選手」 とすべきところを、 「戦士」と打ち間違えました。 なので柔らかさの観点で一つ。

次の

インプレ DUNLOP SX300で#スピンを変える!

ダンロップ sx300

車で例えると、車線からはみ出さないよう勝手に車が動いてくれるようなものです。 このラケットをちゃらちゃらダブルスプレーヤーの 主婦が使った感想が。 ストロークに関しては、• まとめ 重さ310gのラケットですが、 筋力が落ちてきた後半でも「重さがだんだんと負担になる」というよりは「重さを使ってボールを深く返球できる」感覚がありました。 0〜26. オルティです。 0も反発のアシストはあるはずなのですが、SX300と使っているとなんだか正直なラケットだと思うくらいに SX300のアシストの濃さが目立ちます。 それにしてもダンロップSXシリーズは不思議なラケットです。

次の

SX300 ダンロップ 新SXシリーズ【インプレ・評価】最新版

ダンロップ sx300

スピンのかかり:強め スピンのかかりがかなり良い SX300は普通にスイングしただけでものすごいスピンがかかります。 非常にボレーのやりやすい 「」 > 「」 > 「SX300 TOUR」と操作性は下がるので「やっぱり重量の分は、仕方ないかな」と思うところです。 それぞれのキャッチコピーは「SX=スピン・エクストリーム」と「CX=コントロール・エクストリーム」。 DUNLOP HPより スペックの説明は、 こちらの動画もどうぞ。 差し込まれた時のボールの飛びの調節や、ドロップショットなどで短く狙うのはSX300の方が良いです! DUNLOP SX300シリーズのラインナップは? SX300のシリーズは6機種になります。

次の

【ダンロップ】SX300 をインプレ!歴代最高傑作か!?【レビュー・比較】

ダンロップ sx300

薄いグリップの人でもかなり軌道が上げられるので、差し込まれたときの切り返しが楽に感じると思います。 振り抜きやすくなり、さらにコントロールが良くなっています。 本記事では、新作のデザイン、ラインナップとスペック、魅力的な新テクノロジーについて整理していきたいと思います。 ・弾道補正軌道搭載 ・溝ありシャフト ・操作性がよい ダンロップが新たに搭載したのが 弾道補正機能と呼ばれる、回転を操れる機能です。 適度な飛び• ダンロップ SX300とは ダンロップの中でも中厚ラケットに位置し、黄金スペック・オールラウンダー向けのラケットがSX300となりますが、このSXは S…スピン X…エクストリーク を意味し、スピン性能に特化したオールラウンダーモデルとなっています。 285gなんて、 男性が使うような重さじゃないだろ。

次の

ダンロップ SX300をインプレ!

ダンロップ sx300

310gと 315g たかが、 5gの違いなんですが、 この 5gの差が大きい。 簡単に言うと 低い打点の時は弾道が上がってスピン量が増えて、高い打点はスピン量を減らし弾道を抑えられるということで、かけたいときにスピンをかけてくれる魔法のラケットになる予感がします。 といっても、会社が変わったわけではなく、ダンロップは世界企画・スリクソンは日本企画という分類で、今作から世界企画のダンロップが開発に携わってるといった感じです。 中厚のラケットですが弾き感は控えめ。 収まりがあまり良くない 引っかかって持ち上げやすい、軌道が上げやすいのが特徴的なSX300ですが、 悪い表現をするとなんでもかんでも持ち上げるのでメリハリがないです。 ラケットに張ってあったガットはバボラさんの130。 チャンスボールをハードヒットするとき、難なくコートに収まってくれる(攻撃)• 普段より精度高かったので。

次の