または もしくは。 翻訳の泉

「および」、「または」を正しく使う

または もしくは

中文で「あるいは」は「或」 いくつかの中のどれか1つを表す「あるいは」を中国語にすると「或」になります。 より大きな概念をまとめて一つの文章につなげるのが「もしくは」の役割と言えます。 条件分岐自体はIF関数をネストしない限りは増えませんので、 条件分岐を増やすことと、条件分岐を行なう条件(引数「論理式」)が増えることを混同しないようにしましょう。 ただし、法律の文書など、フォーマルな文章ではこの2つには明確な違いがあります。 「その他」の後にくるXにはA、B、Cが 含まれまず、XはA、B、Cとは別のグループです。

次の

方言?法律用語?「ないしは」の意味と使い方、「ないし」との違い

または もしくは

これは、新聞が1字でも詰めて書きたいので、このような習慣ができたとも言われています。 相手に頼む場合は「お送りください。 ちなみに、小さな連結を「小並び」、大きな連結を「大並び」といったりします。 もっと詳しくは大島稔彦「法制執務ハンドブック」第一法規出版1998年,山本武「地方公務員のための法制執務の知識」ぎょうせい1999年などがありますが,ちょっと専門的過ぎるかもしれません。 ・デザートは林檎、蜜柑または苺のどれかを選んでください。 Excel関連の資格は以下を保有。

次の

契約書における法令用語の使い方:「または」「もしくは」の違い、「その他」「その他の」の違いが分かりますか?

または もしくは

また副詞としては 「もしかしたら、ひょっとすると」という意味合いです。 「または・あるいは・もしくは」の例文は? 最後に 「または・あるいは・もしくは」の例文をご紹介します。 敬語の種類 敬語の種類については、丁寧語、尊敬語、謙譲語の用法に従って用いますが、この用法は動作を表す言葉に対しての変化の用法です。 そして、途中で「もしくは」が出てきたら、 その前の語句にコバンザメの如くひっつけて読みます。 結合される語が同じ種類だったり、同じレベルだったりする場合には、「ならびに」は 使いません。 「もしくは」「または」や「それとも」を「or」で表すため、日本語に訳した時に「or」が何を意味しているのかを見極める必要があります。

次の

「または」の意味と使い方、類語「もしくは・ないしは」との違い、対義語「かつ」との使い分け

または もしくは

ここではF列をダミー列としました。 最初は感覚でいいです。 (以下略) 2 副知事若しくは助役にも事故があるとき若しくは副知事若しくは助役も欠けたとき又は副知事若しくは助役を置かない普通地方公共団体において当該普通地方公共団体の長に事故があるとき若しくは当該普通地方公共団体の長が欠けたときは、当該普通地方公共団体の長の指定する吏員がその職務を代理する。 何か原則があるのでしょうか。 漢字で書くこと以外にも「またはの後に読点は付けない」ともされています。

次の

「または・あるいは・もしくは」の違いと使い分けは?例文もご紹介!

または もしくは

また「もしくは」が指示する語句についても明確にする必要があります。 また「および」「ならびに」は意味や使い方の区別はありませんが、法令用語などでは小さい部分のつなぎに「ならびに」を用い、最後のまとまり部分に「および」を使う場合が多いです。 法律用語上での「又は」と「若しくは」 まず、単純に2つを選択する時は、「又は」のみを使います。 この語句は2つのうち一方を捨てて、一方を選択する場合の言葉です。 ・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

次の

接続詞をマスターしよう

または もしくは

3) 選択のレベルが2段階になり、小さな選択と大きな選択を対比する場合は、以下のようにします。 例えば「イケメンであり、かつ優しい」と使います。 当事者の意思が不明な場合に備えて法がおいた、紛争のよりどころとなる規定です。 たとえば「損害の額が請負金額より大きい場合は、〜」のように使います。 そのため「犬およびフリスビー」や「お箸および携帯電話」などと、別ジャンルを並べて使うことは出来ません。 これに対して「もしくは」は接続詞のため、この敬語の用法はあてはまりません。

次の

接続詞をマスターしよう

または もしくは

さらに読みやすい文のリズムを心がける事も重要です。 印紙の消印と契約書の効力は全然関係がありません。 「AあるいはBあるいはC」と3つ以上を列挙することもできます。 又は 「又は」についての敬語表現を、例文を使って説明します。 or の場合は、より小さい単位をつなぐ場合は「もしくは」、より大きな単位をつなぐ場合は「または」を使い、さらに大きな単位がある場合は「あるいは」を使うのが標準です。

次の

方言?法律用語?「ないしは」の意味と使い方、「ないし」との違い

または もしくは

このような場合に、どのように「および」などを使うかは学校では教えてくれませんので、ほとんどの人が自分のルールで使っています。 もしくは。 「または」は文法において「接続詞」となっています。 「それとも」も「もしくは」と同じく選択の接続詞に当てはまり、選択肢のなかから選ばれる状況で使用されます。 ニュアンスとしては、「または」に比べてやや固めの表現になります。

次の