フォロー スルー 野球。 【柳田悠岐のバッティング理論】打ち方とフォーム、構えやフォロースルーを紹介!

【フォロースルー】片手フォローと両手フォローどっちが飛距離を出せる?

フォロー スルー 野球

どちらがいいとかはありませんが自分の体に合うスイングをしてみてください! まとめ 体が小さくても スイングスピードを出せれば打球は飛んで行ます。 この画像のような状態です。 おそらくトスバッティングなどもうまくないのではないでしょうか? トスバッティングはただピッチャーに撃ち返せば良いという訳ではなく きちんとしたフォームでしっかりとしたスイングでピッチャーに打ち返せるか?という意味です。 上半身の動きは下半身と連動させるので、下半身で投げる投球フォームと言えます。 具体的には、日本人はテイクバックから前方への体重移動が大きいように思えます。 また、引っ張るような打ち方をすると、バットが早く巻き付く感じになってしまうので、 センター方向へ大きくフォローをすることがとても重要です。 小学生のうちは、低学年から高学年になるにつれて、学年にあったバットを新調している子供も多いと思いますので、高学年なら低学年の頃に使っていたバットなんかが、ちょうど良いと思います。

次の

野球の基本の正しい投げ方教えます!コツは軸足の使い方!

フォロー スルー 野球

そしてインパクトの瞬間(前後)には、後ろの手(腕の肘)を最後まで伸ばします。 こういった筋肉からできる パワーをスイングにしっかり乗せることができているからこそのあの飛距離だと言えるのでしょう。 しかし、 力を入れようとする意識から 体重移動の段階で、 腕や指先が力んでしまい 本来の力を発揮できない… というケースがあるものです。 これがスイングスピードを速め、その結果飛距離が出せることに繋がります。 両手フォローが向いている人がいれば、片手フォローが向いている人もいます。 打った後トップハンドは手を離し、ボトムハンドのみでバットを持ちます。

次の

野球の基本の正しい投げ方教えます!コツは軸足の使い方!

フォロー スルー 野球

無理にロックせず、逃がしてやる必要があります。 重いバットでの練習は厳禁! 重いバットを使って何度も練習をしてしまうと腰や肩を傷める原因になってしまうため、ロングティーを練習する際は、普段よりも軽めのバットで練習したほうが良い もし肩や腰が痛くなってしまった場合は、一時的に中断するほうが良いでしょう。 何故そうなるかといえば、それは、イチローが打球に激しくスピンをかけているから。 サイズは重さなどを含めると、以下の5パターンあります。 フォロースルーやフィニッシュがどうなったらダメなの? ではフォロースルーやフィニッシュがどうなっていたら、フォームに問題があるのでしょうか。 リリースポイントというのは一番ボールに対して力の加える最終段階のところです。

次の

野球の基本の正しい投げ方教えます!コツは軸足の使い方!

フォロー スルー 野球

この肩甲骨をどう使えば良いかというと、 「背骨から離れていく動き」 が必要になります。 そうなると持っているバットも動かないので、 ・手打ち ・スイングが加速しない ・ボールに押し負ける という事が起こります。 たとえばあなたと反対の気持ちの親ごさんでしたら 「試合をする以上、勝利を目指してするのが当然実力のある子をださないで勝利をみすみす逃すのはおかしい」 「うちの子は試合に出るために、人の何倍もの努力をしているそれを悪しき平等主義で、家で練習もろくにしていない人と同じように扱うのは納得がいかない」 「もっと練習に力を入れてほしい。 nonkunさんの言う通り、ボールの下をバットでとらえることによって、打者側から見ると「上から下」に、野手側から見ると「下から上」に向かってボールが回転して(以下、「下向きの回転」)飛んでいきます。 ) お風呂に浸かっている時に、湯船の中で手首を左右に動かしていると 手首が柔らかくなって上手に投げやすくなると思います。 答えは、どこにも力はいれません。

次の

フォロースルーを勘違いしてはいけない!

フォロー スルー 野球

手元に届くまでの時間が違うためミートポイントが微妙に変わる。 ホームランバッターだから、てっきり足を思いっきり上げてるかと思いきや、柳田選手はやや「すり足」に近い足上げなのです。 フォロースルーに関しては自分のやりやすい方、自然になる方で良いと思います。 特に腕力と速いボールに負けない背筋力が要求されると思います。 構えがしっくりこればいいですが、特徴的な選手の真似をしてストレスになってもよくありません。 ボールの内側を打つイメージが大切ですね。 理論としては、「ダウンスイング」は間違いです。

次の

フォロースルーはバッターにとっては重要。詰まったときの対処法

フォロー スルー 野球

同じように手を離す長距離バッターの落合博満選手の場合はもっと深刻でした。 はじめに高く構えているなら、トップの位置(構えたところから、打とうとしてバットを引いた位置)ではじめよりも下がってしまうのはむしろ当然のことです。 下半身のパワーを最大限スイングに出すということは 腰が大きく捻じれるということです。 同じように手を離す長距離バッターの落合博満選手の場合はもっと深刻でした。 フォロースルーに関しては両手の方がいいと思います。

次の