ポール モーリア 恋 は 水色。 恋は水色(ポール・モーリア)

恋は水色(ポール・モーリア)

ポール モーリア 恋 は 水色

本国などでは『BRASIL EXCLUSIVAMENTE』のタイトルでシリーズ化され、3枚のアルバムが発表されている。 のの際には『カルテット・フォー・神戸』を作曲し、フランク・プゥルセル 、フランシス・レイ 、レイモン・ルフェーヴル との4人で「ザ・フォー・フレンチメン」名義で録音、同曲が収録されたアルバム PCCY-00749 を制作するなどの活動が知られている。 今作は、ソヴール・マリア、ジェラール・ニオベイ、そしてコンサート・マスターにマキシム・トランスを迎え、フランスでは音と録音機材の優秀さで屈指のスタジオ「パレ・デ・コングレ・スタジオ」にて録音が行われました。 2019年10月6日閲覧。 7万枚を売り上げている。 NHK総合テレビ1990年12月11日放送「ショータイム〜サウンドの魔術師ポール・モーリア」• 「外国のものも、良いものは大胆に受け入れ、我々のものにすべきだ」。

次の

【ポール・モーリア】まず聞くべきオススメの名曲10選|STUDIO

ポール モーリア 恋 は 水色

0kHz|88. なお、公式ライブアルバムは全て日本国内で録音された。 注記 [ ]• このようにして、1960年代および1970年代この曲のメロディーは様々なメディアで極めて頻繁に流れるものとなり、またその後もポール・モーリア版などが各所でBGMなどとしても使われ、世界中で多くの人が親しんでいるメロディーとなったのである。 民族的な古典音楽を含め、全体的に「何でもあり」の構成になっている。 1979年度来日公演まで使用。 『ポール・モーリア・ライブ・イン・ジャパン』 PHILIPS SFX-5140、同 FDX-151、同 PM-21• ニュー・ポール・モーリア・グランド・オーケストラは、オリジナル・スコアを演奏する世界唯一のオフィシャル・オーケストラとして知られ、ポール・モーリアの全盛期を支えたジェラール・ガンビュス氏が監督/指揮を務める、現在ポール・モーリアを演奏するに最高の楽団。

次の

スティル・ブルー~Best Collection Dedicated To Paul Mauriat~

ポール モーリア 恋 は 水色

その後、アマチュアバンドを経て、にマルセイユの「ブラッスリー・ラ・クーポール La Brasserie La Coupole 」専属オーケストラでピアニスト兼アレンジャーとしてプロ・デビューし、翌年には同楽団の指揮者を兼任する。 1988年:『BOWS〜渚のプレリュード』• Bob Borst's Home of Pop Culture. なお、いかなる理由か101ストリングス・オーケストラによるバージョンは、において旋律は使用可能なBランク指定を制度が失効する1988年まで受け続けた。 1980年11月23日:同上「ポール・モーリア華麗なるラブ・サウンズ」• 発表当初は原題が同じであることからの曲として紹介され、モーリア自身がフランスの著作権管理団体に対して訂正を申し入れていたことが自叙伝で語られている。 そのため日本でも、原曲も失恋や恋患いを歌ったものと誤解されている向きがあるが、フランス語の「 bleu」にはそのような意味はなく、歌詞も全く異なる。 cgi• ポール・モーリア・オーケストラの日本初公演=1969年11月11日、東京・渋谷公会堂で 南北朝鮮交流の時にしばしば歌われる「パンガプスムニダ」(うれしいです)や、「口笛」(フィパラム)などの名曲を次々と生み出し、北朝鮮最強の音楽軍団といわれてきた。 また、モーリアの自作曲を 『カトリーヌ』1970年・ HIT-760 、 『さよならの街角』1973年・フィリップス FS-1765、原曲は『ただ一度だけ』 、 『私がふたりいる』1975年・ LTP-20204、原曲は『見知らぬ人』 や 『湖に消えた恋』1976年・フィリップス FS-2036 、 『オー・ラ・ラ・オーサカ』1977年・同 FS-2040 らがカバーする例も見られた。

次の

ポール・モーリア

ポール モーリア 恋 は 水色

薔薇色のメヌエット Minuetto モーリアの自作曲。 出典 [ ]• Records Gilbert Montels• CD 『PAUL MAURIAT "SAYONARA" The Farewell Concert』 ALL ACCESS VAL4-2000• 結局、曲のタイトル「L'amour est bleu」も、恋人とともにいる時に感じる青空のような晴れやかな気持ち を表現していることになる。 - 原詞と、それに忠実な英訳との対訳。 但し、1982年に放送された「春の傑作推理劇場」では、架空の作品に差し替えられている。 代表的な例が以下の様になる。

次の

ポール・モーリア

ポール モーリア 恋 は 水色

このブライアン・ブラックバーンの英語バージョンは、フランス語版とは異なって、恋の悲しみのほうが強調された内容になっている。 同年 にで「ショータイム サウンドの魔術師〜ポール・モーリア 華麗に奏でる世界のヒット曲」として放送されている。 当時発売されていたオリジナルファッションブランドに因み「 ブルーシーガルのテーマ」を副題として、に発表されたアルバム『ポール・モーリアと再会』 28PP-13 に収録され、同時にシングルカットされた 7PP-38。 Writers• エーゲ海の真珠 Penelope "L'eternel Retour" スペインの作曲 で、本来はメキシコ向けの録音。 実際に映像を見てみると、金正恩氏が選りすぐりの女性を集めて創設した「モランボン(牡丹峰)楽団」のアレンジ・演奏が大半を占めていると推測できる。

次の

ポール・モーリア

ポール モーリア 恋 は 水色

ORICON NEWS. 同盤はその後、1990年にオーケストラ結成25周年を記念して発売されたCD全集の全巻購入特典としてCD復刻された。 モランボン楽団と曲調がぴったり合う。 テレサ・リャクーナ国際コンクール(仏)、スクリャービン国際コンクール(仏)、ブレスト国際コンクール(仏)、ピアナーレ国際コンクール(独)、日本モーツァルト音楽コンクール、東京芸術センター記念ピアノコンクールにおいていずれも第1位を受賞。 これが事実上の初演となって、翌'90年から'98年のさよなら公演まで常に2曲セットで演奏された。 以降はポール・モーリア名義でリリースしている。 極度の緊張の中でも笑顔をふりまかなければならないという、ある意味、恐ろしいテクニック集団といえるだろう。

次の