ニックス 対 ロケッツ。 歴代名シリーズ編②ロケッツとサンズが演じた死闘/プレーオフ特別企画23

6thマン以降の活躍

ニックス 対 ロケッツ

次のポゼッションでもアンダーソンはノビツキー張りのジャンパーで加点。 またが全体2位でに、が全体3位でに入団している。 C - ,• 」 シンキ「シャックがいたとはいえ、レイカーズを5度優勝へ導いた選手ですからねー。 ニックスはイージー加点を繰り返し、リードを22点に拡げたんだ(7-29) しかし中盤に入るとロケッツも次第にリズムが良くなってきた。 (1984-95) でから全体2位の好評価を受けるも膝の故障で全く活躍できず。 彼らはまぎれもなく本物であり、優勝候補だった。 ロケッツはオラジュワンが31得点14リバウンド7アシスト、ドレクスラーが25得点13リバウンド7アシスト、オーリーが20得点9リバウンド。

次の

コービー・ブライアント告別式に参列のジェームズ・ハーデン、37得点を記録してロケッツの4連勝に貢献

ニックス 対 ロケッツ

プレイする準備を整えておかなければいけない」. TPUシャンクが過度なねじれを防止。 俺のスキルがこれ以上、上達することはない。 ここでは、12月17日(同16日)までに行われる試合の中から、3試合をピックアップしてみた。 8得点フィールドゴール成功率34. しかし2本目のミスショットをアンダーソンは自ら拾い、再びファウルを貰って2本のフリースローを得た。 その試合で右足首を痛めたリラードのコンディションが気がかりか。

次の

【NBAヒストリー アキーム・オラジュワン

ニックス 対 ロケッツ

ニューヨーク・ニックスのガード、ジェイソン・キッドが背中ーキーで行われるバックス戦に欠場することがわかった。 585 11 44 38. 現地時間の1月24日、『ニューヨーク・デイリーニューズ』、『ニューヨーク・ポスト』といったタブロイド紙にはそんな見出しが躍った。 833 1999, 2003, 2005, 2007, 2014 2013 5 3 2. 引退後はコーチ職に転向。 415 18 28 54. キッド師匠が故障になっても補えるぐらい。 」 リン「前回のブルズ戦がダメダメだったからね。

次の

ニックス、ロケッツに負ける : hoop NBA from New York

ニックス 対 ロケッツ

(1982-95) 優れた得点能力とパスセンスで活躍した。 "ドリームシェイク"と呼ばれる華麗な動きでゴール下を支配するアキーム・オラジュワン。 <スポンサードリンク> 入団当初からトップセンターであったオラジュワンの歴史 (引用元:slamonline. オラジュワンは1984年10月27日のNBAデビュー戦で24得点、9リバウンド、6アシスト、2スティール、1ブロックを記録しています。 序盤は最近不調のアリーザがスリーを決め、ニックスもリーがお返しするなど、ほぼ互角の展開だった(9-10) その後ニックスはロケッツのターンオーバーから速攻を決めリードを拡げるが、アンダーソンがしっかりとスリーを決め、ゲームは中盤へ入ったよ(12-14) 中盤に入ってもニックスはエースになったポルジンギスにボールを集めてくる。 そういう目線で見られるのも面白い」と話した。 昨今のNBAでは高得点ゲームが頻発しているが、ハーデンの得点ラッシュが歴史に刻まれるレベルであることは間違いない。

次の

ニックス、ロケッツに負ける : hoop NBA from New York

ニックス 対 ロケッツ

スオッシュや、パーツごとのデザインはエンボス加工で落とし込まれ、ステッチを排除したインパクト抜群のモデル!! サンアントニオ・スパーズ対ヒューストン・ロケッツ• カンファレンス決勝で待っていたのはリーグ最高勝率を記録しただった。 「ご遺族にお悔やみを伝えるためだ。 バークリーは26得点9リバウンド、ウェズリー・パーソン(元クリーブランド・キャバリアーズほか)が16得点、グリーンが14得点12リバウンドと続いた。 (英語). 333 1955, 1967, 1983 1950, 1954, 1977, 1980, 1982, 2001 8 2 6. 移籍後は怪我からの立ち直りを見せたが、2位指名や高給に見合うだけの活躍をすることなく引退した。 最大の問題点、現在アイザイアの株が急上昇している。

次の

ニックス、ロケッツに負ける : hoop NBA from New York

ニックス 対 ロケッツ

G - ,• そしてこのシーズンもまた、ファイナルで当時を代表する名センター同士の激突が展開される。 連戦ですが、ホームですし、相手は楽になりますよね。 その後半戦をお願いします。 6%(76本中24本)とし、マイク・ダントーニHCが指揮を執ってからの戦績を3勝2敗とした。 時の大統領、は会見の場で「好景気で新たに610万人の雇用が達成された。 が急成長を見せたは、ハーダウェイとのデュオに率いられ、フランチャイズ記録となる57勝を記録し、カンファレンストップの成績を収めた。 そのロケッツではオラジュワンが31得点16リバウンド、ケニー・スミス(元ロケッツほか)が5本の3ポイントシュート成功を含む21得点に7リバウンド7アシスト、オーリーが11得点11リバウンド5アシスト。

次の